川端康成 新潮日本文学アルバム〈16〉

  • 新潮社
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106206160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 川端康成は、人生の初期に家族を失ったことを、72歳になるまでずっと引きずっていたのか。
    愛しい人に出会い、失われることを繰り返して、耐えきれなくなってしまったのか?
    最期に何を思ったのだろう。安らかだったろうか。

    昭和30年に刊行された『東京の人』が欲しい。
    カバーが好み。

  • 川端文学の妖艶さが写真からにじみでている。

  • 16/40

  • 特に意識していたわけではないが、ノーベル文学賞発表の日にこの本を手に取った。
    川端康成の一生を、写真や生原稿、当時の写真と共に辿る一冊。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする