安部公房全集〈16〉1962.4‐1962.11

著者 :
  • 新潮社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106401367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人魚伝

  • 黄金道路. お化けが街にやって来た. 人魚伝. 絶望の歌. 砂の女. 著者の言葉. 周囲に対する“おびえ”. 平行線のある風景. 寝る直前のヒラメキ. ドラマ制作に乗り出す安部公房氏. 職人批評家の効用. あなたがもう一人. 消えた川の話. 資本家を内側から描く. フランキーの完全犯罪. 根釧原野. 鳥になった女. モチーフの発見. 城塞. 本質は喜劇なのです…. 「幸吉」に期待. SFの流行について. 消えたブルジョア 関根弘聞き手. 労演の委嘱に応えて. モンローの逆説. 羊腸人類. 乞食の歌. 狼そっくり. 地獄. モンスター.

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

安部公房(あべ こうぼう)
1924年3月7日 - 1993年1月22日
東京府北豊島郡滝野川町生まれ、満洲で少年期を過ごした。
1948年『終りし道の標べに』(「粘土塀」)により単行本デビュー。1951年「壁 - S・カルマ氏の犯罪」で芥川賞を受賞。その後は劇作も手がけた。1958年「幽霊はここにいる」で岸田演劇賞、1963年『砂の女』で読売文学賞、1967年『友達』で谷崎潤一郎賞、1975年「緑色のストッキング」で読売文学賞をそれぞれ受賞。他、受賞作多数。国内外に大きな影響を及ぼしており、ノーベル文学賞の候補者としても名前が挙がっていた。
主な代表作として『壁』『砂の女』『他人の顔』『箱男』など。

安部公房の作品

安部公房全集〈16〉1962.4‐1962.11を本棚に登録しているひと

ツイートする