小林秀雄全作品〈6〉私小説論

著者 :
  • 新潮社
3.82
  • (4)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106435461

作品紹介・あらすじ

昭和一〇年三三歳。"私小説は死んだ"と、強い言葉で結んだ「私小説論」。その向こうに小林秀雄が見ていたものは何だったか、何を待ち望んだのか。併せてヴァレリー「テスト氏」の全訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  うまく言葉にならないのだけれど、テスト氏(翻訳)を読んで心が震えた。

    私小説論では、日本の近代作家の「私」の表現が海外からみれば異質で特異なものであったことを指摘している。私小説は滅びざるを得ないだろうが(現にいま私小説なるものは皆無だ)、作家の「私」はなくなるまいと結論し、新たな表現の形を与えること、そのために「思想上教養上」の鍛錬をつむことが作家のつとめであることを暗示した。現代において小林先生が渇望したそうした作家が登場したのか?この答えを我々はまだ用意していないように思う。

  • 2009/
    2009/

全2件中 1 - 2件を表示

小林秀雄の作品

ツイートする