小林秀雄全作品〈9〉文芸批評の行方

著者 :
  • 新潮社
3.67
  • (3)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106435492

作品紹介・あらすじ

批評家も小説家と同様に、創造的な"作品"を書くのだ。では、何を、どう書くか-。昭和一二年三五歳、決意を記す「文芸批評の行方」。そして"作品"、「『悪霊』について」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「文科の学生諸君へ」がなかなかよかった。

    精神の不安は青年の特権である。という先生の主張が心強かった。 

  • 2009/
    2009/

    ドストエフスキイの時代感覚. 菊池寛論. J・M・マリィ「ドストエフスキイ」2. 大学の垣. 戸坂潤氏へ. 事件の報道. 湯ケ島. 「中央公論」二月号. ジイド「ソヴェト旅行記」1. 草津行. 第一回池谷信三郎賞推薦理由. フロオベルの「ボヴァリイ夫人」. 文芸月評14. 「改造」三月号. 林房雄「壮年」. 「中央公論」四月号. 「文学界」編輯後記16. リアリズム. 文科の学生諸君へ. 三木清「時代と道徳」. 「日本的なもの」の問題1. 「日本的なもの」の問題2. 「思想」四月号. 「改造」五月号. 批評家の立場. 小熊秀雄君へ. 窪川鶴次郎氏へ. グウルモン「哲学的散歩」. 文化と文体. ジイド「ソヴェト旅行記」2. 「新潮」六月号. 作家と批評家. 「文学界」編輯後記17. 「悪霊」について. ジイド「ソヴェト旅行記」3. 政治の文学支配. 帝国芸術院批判. 現代作家と文体. 福翁自伝. 「改造」七月号. 文芸批評の行方. 「文学界」編輯後記18. 僕の大学時代. メデューズ号の筏. 第二回池谷信三郎賞推薦理由. 酒井逸雄君へ. 戦争と文学者. 第十三次「新思潮」創刊に寄せて. 「文学界」編輯後記19. 長篇小説に就いて. 小林秀雄と「文学界」 林房雄著.

全2件中 1 - 2件を表示

小林秀雄の作品

ツイートする