吉村昭 昭和の戦争5 沖縄そして北海道で

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (553ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106450259

作品紹介・あらすじ

太平洋戦争末期、北と南の島では、絶望的な戦いが果てしなく続けられた――。いよいよ敗戦が近づくなか、沖縄では、ガリ版刷りの召集令状が中学生に出される。だぶだぶの軍服に身を包み、陸軍二等兵として防衛戦に従軍する十四歳の少年の壮絶な体験を描く『殉国』。昭和二〇年八月一一日、突然のソ連軍の侵攻に翻弄される樺太の住民たちの苦難を描く『脱出』、『手首の記憶』他を収録。軍隊・戦時用語注付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 殉国
    「殉国」ノートから
    十四歳の陸軍二等兵
    他人の城
    剃刀
    太陽を見たい
    敵前逃亡
    脱出
    海の柩
    手のない遺体
    烏の浜
    小笠原丸の沈没
    手首の記憶

全1件中 1 - 1件を表示

吉村昭の作品

ツイートする