吉本ばなな自選選集〈4〉Lifeライフ

著者 : 吉本ばなな
  • 新潮社 (2001年2月発売)
3.51
  • (12)
  • (19)
  • (51)
  • (1)
  • (0)
  • 157人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106463044

吉本ばなな自選選集〈4〉Lifeライフの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「人生は演技だ、と私は思った。意味は全く同じでも、幻想という言葉より私にとって近い感じがした。その夕方、雑踏の中でそれはめくるめく実感の瞬間だった。ひとりの人間はあらゆる段階の心を、あらゆる良きものや汚いものの混沌を抱えて、自分ひとりでその重みを支えて生きてゆくのだ。まわりにいる好きな人達になるべく親切にしたいと願いながら、ひとりで。」

    「今日は、つぐみさんはどうしたんですか」
    と恭一は言った。
    多分、あとで思いかえすからこんなふうに感じたように思うのだろうが、彼が「つぐみ」の名前を正確にきちんと発音した時、私は何だかつぐみの恋の未来は明るいかもしれない、という感じで一瞬、胸がいっぱいになった。

    「いや、どこにでも行ければいいってもんじゃない。ここもいい所だよ。ビーチサンダルで、水着で歩けて、山も海もある。君の心は丈夫だし、君は気骨があるから、ずっとここにいても、世界中を旅している奴よりたくさんのものを見ることができるよ。そういう気がするね」

    「失恋の後味ではなかった。自分の頭がはっきりしていないままに過ごしていた生活の重みだった。きっと、新興宗教に入ってしばらく本気でうちこんでからやめてしまった人はこういう気持ちなのだろう、と思った。せめて本気で恋をして、すごく好きになった人に失恋したのならよかった。本当に仕事が忙しくて、仕事が好きだったらよかった。私はただばたばたしていただけで、忙しいというものではなかったような気がする。自分が恥ずかしかった。なんで好きでもない人と恋をしたような気持ちになったりしたのだろう。他にすることがなかったから?なんで人としても男としても面白みがない判断力にかけたあんな人がよく見えたんだろう?それが恋の力だったらよかったのに。違うことを私は知っていた。自分に自信がなくって、生きていることに罪悪感があったから、自分を好きと言って言い寄ってくれた人を貴重に思わなくてはいけない、と思ってしまったのだ。本当に好きだったのなら、気が狂うほど泣いて本当に狂ってしまっても、雨に打たれる木々のように色鮮やかだろう。」

    「住んでいる駅になんて、もう二度と降りなくっていいのよ。充分ありうることだもの。」

  • 「Life」というタイトルがとてもぴたりとくる。
    とてもよい。好きなお話ばかり。
    今まで読んだ話も、形が変わったことでまた出会う機会を与えてもらったような感じ。

    しんと沁みわたるような文章たち。

  • 分類 913/ヨ

  • 2002/6/4読了

  • 吉本ばなな自選選集4「Life ライフ」。人生を短いと思う。そして素晴らしいと気づく。TUGUMI つぐみとかげおやじの味新婚さんひな菊の人生哀しい予感ある光(書下し短篇小説)得意分野のはずなのに……あとがき『TUGUMI』の元々の装丁は捨てがたいけれど。『とかげ』は選ばれているのに『ひとかげ』は、無いのか……(そうだよな、吉本ばななとよしもとばななは、ひょっとしたら違う人なのだと思うべきなのかもしれないし)。吉本ばなな、「ものすごく好き」で読んでいる、というのとはちょっと違うような気もする。だけど、同じ時代、同じ国に生きる女性がどんなことを書くのか、やはり気にはなる。そして、1冊の本の中に少なくとも一箇所は心に残るフレーズがある。だから、つい読んでしまうのかも。

  • TUGUMIが読みたくて図書館から借りてきた。
    他にも読みたかった話が入っていて満足。選集借りてきて良かったー。

    <TUGUMI>
    初吉本ばなな。
    昔(中学生のころだったかな)、夏の読書感想文を探していたとき当時やってた学習雑誌に紹介されていた(そのときは原作ではなく映画のほうだったはず)のを見て読みたいと思っていたんだけど、時期を逃し結局読まず。
    キッチンを読んだけど、こっちは全然覚えてない(嫌々読んだ記憶がある(-_-;))。
    ふと最近、そういえば昔読みたかったんだと思い出した。
    たぶん10年近くごしで読了。
    もっと早くに読んでおけば良かったと後悔。
    読んでいて、今流行(?)の文学やラノベなんかの原点のような印象を受けた。
    吉本ばななの表現の仕方が好きかも。
    こんな優しい表現の仕方があったんだ、と目からぽろぽろ鱗。
    『やさしさが陽に透けて落とした花びらのシルエットのような』って表現がすごい素敵。

    090721

  • TUGUMI、とかげ、おやじの味、新婚さん、ひな菊の人生、哀しい予感、ある光
    ・・・わからないままでいいことなんてひとつもない(哀しい予感)

  • よしもとばなな作品の空気感、やっぱり好きです。

  • いろいろ読めてお得。
    読み返す本。

  • TUGUMIはコメディ調で面白かったけど、とかげは幼少時のトラウマを扱っているし、生死に関わる話ばかりなので(Lifeだからしょうがないけど)辛くなった。涙が出た。

全9件中 1 - 9件を表示

吉本ばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
吉本 ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

吉本ばなな自選選集〈4〉Lifeライフはこんな本です

ツイートする