隆慶一郎全集第一巻 吉原御免状

著者 :
  • 新潮社
4.38
  • (5)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106470011

作品紹介・あらすじ

育ての親、宮本武蔵の遺言に従い吉原を訪れた青年剣士・松永誠一郎。しかし、そこはただの色里ではなかった。迫りくる殺気、裏柳生の跳梁、吹き荒れる血腥い風。めくるめく官能の秘儀のなかで密書「神君御免状」の謎と吉原の真実が明らかになる…。小説好きの心を沸騰させたデビュー作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これがデビュー作とはすごいねえ。

    一気に読ませる。

    続編の「かくれさと苦界行」が早く読みたい。

  • 吉原とは、何だったのか。
    そして、その吉原はどのようにしてでき、守られてきたのかー。

    傀儡子一族を中心とした"道々の輩"をめぐる吉原の裏面史。
    それに、家康影武者、柳生一族、八百比丘尼など様々なものが絡んでくる。

    花魁について、傀儡子について、作中で詳しく語られていて、それがすごく面白い。例えば、太夫とは、この頃は売女ではなく、時代の最高教育を受けたスーパーレディだったということ。吉原の遊女たちは、格段の媚術をもっていたと信じられており、その気の使いようには食べ物や、毛の手入れまで、ものすごいものがあった。彼女たちは、気貴い。美醜、身分、貧富のいかんにかかわらず、ありとあらゆる素人女を「地女」の一言で蔑称するだけの誇りと自信があった。


    「汚濁の世に退屈な生を生きるより、何も彼も捨てて、一身を滅ぼす方がましだ…」
    と思っていた主人公が、勝山の死を経て、
    「こんな素晴しい獣たちのために、喜んで修羅へ落ちよう」
    と決意するシーンは圧巻だった。もう一度、読みたい小説。

  • 吉岡忍氏推薦

全3件中 1 - 3件を表示

隆慶一郎の作品

ツイートする