新潮世界文学 48 カミュ 1 裏と表・結婚・夏・異邦人・ペスト・転落・追放と王国

著者 :
制作 : 高畠 正明 
  • 新潮社
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (730ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106601484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エッセイ『裏と表』『結婚』『夏』を読んだ。

    幼い少年は貧乏以上に、家のある種の陰鬱さに耐えかねていたのだろうか。でも母親の沈黙は少年を通すととても清らかなものに感じられた。

    カミュが愛した祖国の太陽と海、自然、世界が眩しい。原始的な大地との一体感に自分の存在をゆだねる幸福の瞬間に息を飲む。

    個人的な反抗を出発点とし、他者との連帯を望み、また孤独を愛したカミュ。

    社会とつながる自分と、そこから全く切り離された自分。また生と希望への情熱と絶望的な事柄への執着。それらの一方だけを選択しないカミュの生き方に激しく共鳴する。

  •  
    ── カミュ/高畠 正明・訳《裏と表・結婚・夏・異邦人・ペスト・
    転落・追放と王国 196804‥ 新潮社》新潮世界文学 48
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4106601486
     
    ── カミュ/窪田 啓作・訳《異邦人 1960‥‥ 新潮世界文学全集 39》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JB4IXU
     
    (20180329)
     
    http://q.hatena.ne.jp/1549230011#a1270359(No.4 20190208 06:39)
     柳に雪折れなし ~ 留年生・落第生・中退生の寝城 ~
    19600323-0324 柳月堂でカミユ《転落・誤解》読む/高校オーケストラ
    練習後(大橋・野村・中川君らと)── 35年前、毎日のように通って
    いた私は20年ぶりにこの店が健在であることに驚いた。
    https://twitter.com/awalibrary/status/1093630465045553152
     コメント&ツイート
    https://kyototwo.jp/post/attractions/2798/
       

  • 『異邦人』以前のカミュの著作を紹介 『異邦人』以前のカミュのさまざまな著作や手紙などが訳されて紹介されている。カミュの問題意識の成り立ちを感じることができる。卒業論文である「キリスト形而上学とネオプラトニズム」は多少、読みにくいところもあるが、理路整然としていて、彼の新しい側面を発見できた。『アストゥリアスの反乱』では、忘れ去られて行く小さな物語に焦点を当てていて、その後のカミュの作品にも感じられる問題意識の萌芽を感じることができた。『裏と表』『結婚』では、さまざまな小さな物語を通して、そこから紡ぎ出される、静寂の世界を感じることができた。カミュの心象風景を知るにはよい本かもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

カミュの作品

新潮世界文学 48 カミュ 1 裏と表・結婚・夏・異邦人・ペスト・転落・追放と王国を本棚に登録しているひと

ツイートする