向ヒ兎堂日記 3 (BUNCH COMICS)

著者 : 鷹野久
  • 新潮社 (2013年12月9日発売)
4.12
  • (26)
  • (41)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :351
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717283

向ヒ兎堂日記 3 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    時は明治。文明開化とともに「怪」と「陰陽師」の存在は不要とされる世の中になっていく。妖怪が見える貸本屋の主人伊織は、違式怪異取締局に隠れて妖怪を助ける相談所として日々暮らしている。3巻に登場する怪は、猫又、白姫、唱猿、烏天狗。そして伊織たちの少年時代の出来事から向ヒ兎堂の秘密に迫っていく……!? 都築兄弟の確執に加え、違式怪異取締局の局内政治もきな臭くなってきて、物語は風雲急を告げる展開に……!

    【感想】

  • 千代が仙石に化けていたとは。伊織が仙石と手を組んでいたのかと。。私も化かされた。
    違式怪異と陰陽道とのつながり。伊織の出征の秘密。辰二郎のたくらみ。。などがじょじょに明らかに。月無草の中に宝石が入ってるなんて素敵ですね。

  • 猫屋横丁騒動があっさりと解決?したと思ったら次は違式怪異取締局の中で何やら不穏な動きが…
    妖vs違式怪異取締局じゃないのか…?陰陽師?
    伊織の出生の経緯も明らかになってきたし、次巻を早く読まねば…!

  • 過去のお話が好き

  • 唱猿がとっても可愛い!
    伊織の謎も少しずつ解けてきた感じ。

  • 千代が可愛い(*´ω`*)

    小さい頃の三人のお話しが
    可愛くてほっこりして良かった。

  • 唱猿がかわいい
    伊織の子供時代の話もあって、少しづつですが伊織のことが分かってきた感じがします
    次巻も楽しみです。

  • のどかに話は進むのかと思いきや、大きなものがうごめいてげになったり、過去編になったり。案外まだまだ楽しめそう。

  • おさるさんかわいいです!

  • キャラクターたちだったり組織の内部だったり、
    いろいろなことが少しずつ明らかになっていく3冊め。

    あまり派手なことにはならず穏やかで、
    それでいてしっかりハラハラさせる雰囲気、よいですねw。

    唱猿のとっても迷惑なかわいさが何ともいえない(^^)。

全16件中 1 - 10件を表示

向ヒ兎堂日記 3 (BUNCH COMICS)のその他の作品

鷹野久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

向ヒ兎堂日記 3 (BUNCH COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする