働かないふたり 1 (BUNCH COMICS)

著者 :
  • 新潮社
3.49
  • (24)
  • (41)
  • (45)
  • (12)
  • (7)
本棚登録 : 521
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717443

作品紹介・あらすじ

作者の個人ブログで圧倒的支持を得たニート兄妹漫画が待望のコミックス化!! 秀才な兄と、対人恐怖症な妹。働く気ゼロのアホ兄妹によるぐーたら日常漫画。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 周りの人のクスッとさせられる言動(お父さんがドロップのハッカ味のことを言いにくるとか、兄の友人達の本屋でのやりとりとか)の描写が面白い場面はチョコチョコあったけれど、妹と兄の関係性が時折不自然というか気持ち悪く感じられて来たりしたので感覚的にどこか合わない作品

  • ニートが漫画になるなんて。。。平和だなあ。。。

  • 親の脛を齧りニート生活をする兄妹の日常を描いた作品。イライラしそうな題材なのに、なぜこんなにも癒されるのか。
    ふとしたときに妹の「だよぉ」というお馬鹿な話し方が見たくなる。
    「ずっと面白い」「笑いが止まらない」というよりは、たまにクスッとくるものがある感じ。

    ただ、兄妹のキャラクターや環境など、合わない人にはとことん合わない作品だと思う。数ページ読んでみて合わなそうであれば、その後もずっと合わないので深追いはしない方がいい。

  • 脱力。くだらなさ(誉め言葉)に思わず笑ってしまった。笑

    ニートの兄妹が毎日引きこもってる話。
    昨今、兄が自分の妹にかわいさを見いだす(エロ有り)妹萌えラノベ系作品群があるけど、なんていうかこれはそれより子どもの兄妹がふたりでおつかい行く絵本に通じる何かがある(この兄妹にそんな健気さはまったく無くだめ人間だけど)。笑
    特に妹の春子がだめかわいい。口癖「だよぉお」があまりに続くので途中から笑えてくる。

  • 合わなかった。イライラする。

  • ひきこもり妹さんの語尾がうつるよぉお。

  • 癒し系、好き。

  • Kindleで1回読んでるんだけどね。
    やっぱ紙の本も欲しくて。

  • マイペースで対人恐怖症の妹と、インテリで社交的な兄という働かない兄妹の日常を淡々と描く物語。

    読み手の社会的立場によって感じ方がガラリと変わるような内容だが、マンガとして描かれることでこういう生き方もありだな〜と思わせてくれた。

    作品全体を包み込む独特のゆるさが心地よく胸に響き、人生のハードルを優しく下げてくれる1冊。

  • 宝くじが当たってニートしてるカップルの話かなーと思ったらただ親のすねかじってるだけの兄妹の話なんですね。
    日常系脱力漫画として読めたら良かったのですが、身近に妹みたいな発達障害?新型鬱拗らせた?感じの子がいたので読んでる間にいろいろ思い出して辛さしかありませんでした。
    身近にそういう人がいなければ楽しめるかもしれません…。

全44件中 1 - 10件を表示

吉田覚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

働かないふたり 1 (BUNCH COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×