おもたせしました。1 (BUNCH COMICS)

著者 :
  • 新潮社
3.62
  • (6)
  • (20)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 203
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107719652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美味しいもの好きの轟寅子(とどろき とらこ)。
    彼女は、手土産を欠かさない。

    取引先や友人知人など、訪問が多い毎日。
    その際、手土産を選ぶ基準は『自分が食べたいもの』。

    訪問後、相手のお言葉に甘え、一緒に頂くことに。
    今回は、おでん、コッペパン、チーズケーキ、いなり寿司、などなど。

    後で、毎回、叔母に叱られることに...(笑)。

  • 「おもたせで失礼ですが」とか「おもたせで恐縮ですが……」という言葉は子供のころによく聞いた。すぐにでも手を出せば怒られそうなのでちょっと我慢して「さあ、みんなで食べましょうね」と言われてから手を出すのだ。この言葉を最近は耳にしなくなったような気がする。この漫画に登場する『おもたせ』は昼食や晩酌にぴったりなビールにあいそうな『おもたせ』が満載していた。大多福「壺おでん」がいきなり登場してきた。やはり、うまい酒が必要なのだ。

  • っっ〜〜ああ〜ほんとに美味しそう。
    ひとつひとつにコメントしてたらアホみたいに長くなったので全部消した。

    おもたせって自分にはあんまり縁がなくてなるほどこんな切り口が、と新鮮に楽しんだ。

    訪ねる人を想って自分が良いと思う品を選ぶ。
    文にしたら簡単だけど、これを達成するのにどんだけのスキルがいることか。

    おもたせそのものの魅力もさることながら、美味しいものの前でついつい心が緩んでしまう各々のエピソードもまた良い味を出している。
    ものを語ることで、ものを通してその人となりが描き出されるのってすごくワクワクする。

    いや、でもお酒に合うお菓子に外れはないよね。
    ブルーチーズケーキと貴腐ワインなんてほんと最高。
    そんなおもたせされたら惚れちゃうよ。
    これが都会か…!って思うよね。
    田舎じゃやりたくてもできない。やってもその粋、わかってもらえるかどうか。

    最後に、おもたせ関係ないんだけども
    (子どもができてから)「親の金で飯食わせてもらってる連中の恋愛が心底どうでもよくなっちゃってね」
    というセリフがここ最近のセリフの中でものすごく腑に落ちまして。
    子どもいないけど、ほんとその通りで「そう…!そうだよなぁ…!!」てなんかすごくスッキリしました。


    美味しいもの食べたいです。

  • イタリアの方とフロランタン食べている時のコーヒーがビアレッティでテンション上がります。
    お子様のいるママさん漫画家の漫画はサムライキッチン!
    青カビのチーズケーキと貴腐ワインと俳優さんなんて、なんて贅沢。

  • 全部食べたーい。まあ、値段が書いてないからなあ。ちょっと、お土産にするには高価なものがたくさんな気がするんですけど……!? つぼに入ったおでんなんて、どんだけ!? きっと具も一品ずつしか入ってないよ!! フロランタンとかならまだしもお土産にいいと思うけど。おいなりさんは、実家によさそう。それと、各エピソードに文芸ネタがあるのが、本読みにはウレシイおまけかな。あとは、グルメ漫画についての言及が、言っちゃった感が満載です。

  • 取り上げられる"おもたせ"が、定番すぎず特殊すぎずで絶妙。蘊蓄抑え目で、文学との軽めなマッチングも、心が豊かになるようで楽しい。もう少し背景や展開があっても良いかなと思うが、やや含んでいる部分もあるので次巻以降を楽しみに待つ。

  • 仕事で必要な資料を届けたり借りに行ったり、その先々でお相手の好みそうなお土産を持参する轟寅子。今日こそはご相伴にあずからないと誓って伺うものの、お土産の蓋を開けた途端お腹がググ~と派手になり「おもたせですが」となってしまう(ほぼお酒付き)。そのおいしさを堪能しつつ、何かしら関連する文学的知識をチョロリと提供してくれる。

    面白かった。でも、寅子さんの職業って何?ライン相手のさくらちゃん(叔母さん)って、何者?

  • ありがちなグルメ漫画をメタ的に超えていく良作。嫌みのない蘊蓄がセンスの良さを感じさせる。

  • 食べてみたくなる!

  • どれも食べたい

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

<b>うめ</b> 
原作担当の小沢高広と、作画担当の妹尾朝子からなる実力派漫画家ユニット。代表作は「スティーブズ」「大東京トイボックス」。電子版絵本「ねこにこねこ」も好評発売中。

<b>小沢高広</b>
わりと細かい夫。原作&料理担当。漫画原作の他、「劇場版 マジンガーZ /INFINITY」の脚本なども手がける。ゲームとロボットと日本酒を愛する。
<b>妹尾朝子</b>
基本ざっくりな妻。作画&洗濯担当。
ちばてつや賞出身で、青年漫画誌を中心に活躍。華奢な外見を裏切る、数々の武勇伝を持つ酒豪。とにかく猫が好き。


「2018年 『イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おもたせしました。1 (BUNCH COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×