山と食欲と私 7 (BUNCH COMICS)

  • 新潮社
4.12
  • (9)
  • (10)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107720696

作品紹介・あらすじ

初の関西へ! 大阪出張からの金剛山、ここでしか食べられないご当地ごはんとは? 奈良・吉野の山奥に移住した山友達の黒蓮と再開! DIY小屋作りを任せられて・・・? 小松原&瀧夫婦と一緒に日光白根山登山! 下山後は、初対面の男性達とキャンプ! 緊張でガチガチの鮎美だったけど・・・。第7巻も山あり谷ありドキドキの出会いが鮎美を待ち受けます♪

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大岳山を登るエピソード、一体嫌なことって何が起きたんだろう。社会人だとやっぱり嫌なことは避けられず、癒すために山に行きたくなる気持ちに共感できた。自分が山登り始めるようになったのも、似たようなものだから。

  • 勘違いかも知れないけど、この『山と食欲と私』を読むと、元気になる、疲れが吹っ飛ぶ、体力が回復してくるような感じがする
    山は神域でもあり、そこに挑んでいる人々の姿がリアルに描かれているから?
    信濃川先生の絵は、決して上手い方じゃない
    けど、何とも言えない良さがあり、それが山って言う、普通なようで特別なエリアの魅力を、読み手に伝えられるのは確か
    まず、表紙からして、ジャンルが分かりやすいトコも武器だろう
    誰がどう見たって、食系だ、しかも、ヒロインは登山が大好きなんだ、と察せる
    シンプル・イズ・ザ・ベストって表現は、ちょい違うかも知れないけど、読み手の予想を無駄に裏切らないのも、また大事だ、好い漫画には
    改めて言う事でもないけど、主人公の鮎美さんには、何とも言えない旨味があるんだよな
    上手くは言えないのだけど、人生が楽しそうな人だ、と思える
    もちろん、彼女だって仕事で悩む事もあるし、これからの人生、どう生きていくべきか、パートナーを持つべきか、歳相応の考えに耽る時もあれば、クセの強い人に振り回されてしまう事もある
    でも、山に登ることで、力を貰って、前を向き直し、次の山へ向け、力強い歩みで進んでいく、素直さを併せ持った強い性格をしている
    楽しそう、であって、楽してる訳じゃない
    そもそも、登山は苦行である。苦しさの方が増す。しかし、それがあるからこそ、登頂時の達成感は爽快だ。逆に、断念した時も、次のチャンスに向けての鍛え直しにやる気も増す
    わざわざ苦しい思いをするなんて、バカみたい、と思う人もいるだろうけど、辛さを乗り越えてこそ得られる幸福もある。意外に、それって多い、人生じゃ。その上、そんな嬉しさの方が、人を成長させる糧になるもんだ
    この(7)でも、鮎美さんは登山の中で、大勢の他人と交流し、美味しいものを食べる事で、人生って山の頂点に少しではあるが近づいた
    次巻では、どんな人、どんな食事、どんな出来事が、彼女を成長させるのか、楽しみである
    そろそろ、ドラマ化してもいいと思うんだが、さすがに、ある程度の登山スキルを有しているアイドルでなきゃ、主役は張れないから、難しいのだろうか
    アニメになったらなったで嬉しいけど、それはそれで、アニメーターさんが過労になるかもしれんって不安がある
    やっぱり、しばらくはお預けかな・・・・・・
    どの回も、山登りの気持ち良さと大変さが、両方とも伝わってくるけど、個人的に印象に強く残ったのは、73話「闇抜けの肉じゃが甘酒うどん」だ
    先にも書いたけど、鮎美さんだって、社会人として、壁にぶつかってしまう時があるんだな、と思える回だ
    仕事に就いていれば、こういう事もある。全て回避する事は難しく、鮎美さんのようにダークゾーンに落ちてしまう事が無い訳じゃない
    そんな時、闇から抜ける、自分だけのやり方があるか、が大事になってくる
    鮎美さんの場合は、山に登った上で、美味しいものを食す、である。同じ境遇の読み手が、同じようにしたって、彼女のように戻って来られる訳じゃない。だから、右往左往し、試行錯誤して、自分だけのデトックス法を見つけるしかない
    ちなみに、私は面白い漫画を読んで、感想を書く、これに尽きる
    今、発散しなきゃならないほどのストレスがあるのか、と聞かれたら、察してくれたら助かる、と返すしかない
    食べ物で、最も食欲を掻き立てられたのは、71話「金剛山&吉野山編② 桜薫るスピードスモークステーキ」で、黒蓮さんが満身創痍で、人間としての会話力が著しく低下している鮎美さんに振る舞った、桜薫るスピードスモークステーキだ
    これほどまでに、シンプルな破壊力があるものは反則なんじゃないだろうか
    鮎美さんが、夜の山に向かって、「ウマーイ」と叫んでしまったのも、仕方ない
    この台詞を引用に選んだのは、サヨリさんが一層、美人になった、と感じたので
    台詞の内容っつーより、この時の彼女の表情が、とても印象的だ
    一途に目的地に向かう道中での自問自答、脳内会議を肉体が酷使される中で繰り返した事で掴めた答え、そんな揺るがない決断を出来た人っての表情は、性別や年齢、立場に無関係でカッコ良い
    私が自分で望む結果を出せず、モヤモヤから抜け出せないのは、こういう風に考える時間を作るのが下手なのと、ここぞって時の決断力が鈍いからか

  • 今回も面白かった。これ読むとほんと山に登りたくなる。歩荷さんってすごいなぁ。お話も面白かった。あとはピーナッツ味噌が美味そうだったなぁ。キャンプもしたくなる。おしるこwithウインナー&チーズも食べてみたい。
    そろそろ高齢の山友達にこのシリーズ紹介してみるか。

  • 201804/

  • 黒蓮さんも瀧本&瀧夫妻もうらやましい。

  • あれ?
    信濃川さん7巻って最高記録?
    ヴィルトゥスとシンで足せば11巻だっけ?
    単体ではとっくに最高記録か!


    70話・金剛山&吉野山編1ポールウインナー好きやねん
    会社の都合で大阪なうな「日々野鮎美」
    せっかくなんで金剛山へ?!
    で、
    ポールウインナーってなに?
    ウインナー食べないからいいんですけど美味しいの?
    つか、
    毎日登山で1000日ですか?!
    凄い!
    かぐりんにはできないね。
    絶対、
    体調崩して登れない日が多々!
    で、
    「黒蓮七実」さんって誰だっけ?
    読み直すか。。。


    71話・金剛山&吉野山編2桜薫るスピードスモークステーキ
    で、
    「黒蓮七実」は家を建ててるの?!
    ログハウスとは違う?
    で、
    いきなりステーキ!
    桜の枯れ木をそのままチップにしてスモークステーキ!
    た、
    食べたい!


    72話・自由の女神マキネッタ
    みんなでスマホの電源を切るイベント!
    できるわ!
    つか、
    仕事なくなるなぁ。。。
    で、
    マキネッタってなんだ?


    73話・闇抜けの肉じゃが甘酒うどん
    これ、
    レシピ的は簡単なんですが、
    美味いのか?!


    74話・プライドのりんごソテー
    歩荷さん?
    ぽっかと読む?
    ニッカポッカの仲間か?!
    って、
    ぐぐったらポッカではなくボッカですか!
    もう、
    小さい字が見えなくなるほどの近眼。。。


    75話・日光白根山キャンプ1自家製ピーナッツ味噌のおにぎり
    恋の魔法や・・・。


    76話・日光白根山キャンプ2秋の味覚レモンロースト
    ムジナ。。。
    双子。。。
    薄い顔。。。


    77話・日光白根山キャンプ3幻惑のガーリックチップス
    ジャンクすぎるガーリックチップスは食べてみたい!
    つか、
    キャンプホスピタリティって。。。


    78話・整頓のリメイクビスコッティ
    まさか、
    カロリーメイトを材料におやつ作っちゃう?
    そのまま食うやん、普通。


    79話・決断のコンビーフポテト
    知ってますか?
    コンビーフって高カロリーなんですよ!
    あれ1缶で600キロカロリーもあるの!
    太るよねぇ。。。
    でも、
    太る太らないにカロリーって関係ないらしいよ!


    80話・一人きりのお正月スペシャル
    猪口さん相変わらず濃いお顔で。。。
    つか、
    おしるこにウインナーですか?!
    無謀すぎるわぁ。。。


    ちなみに、
    マキネッタも調べてみた!
    直火式エスプレッソメーカーってことね。
    道具の名前な!
    これ、
    一般家庭でも使えるのかしら?
    エスプレッソマシーンとかいらない?
    どうなの?
    コーヒーメーカーでコーヒー淹れるので満足しておけって感じかな?
    値段的には高くないんで買ってみるのもありかなって思う!
    どうしようかなぁ。。。

全6件中 1 - 6件を表示

山と食欲と私 7 (BUNCH COMICS)のその他の作品

信濃川日出雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする