おもたせしました。3 (BUNCH COMICS)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (3)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 61
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107720764

作品紹介・あらすじ

料理好きな人も唸る伊勢海老の干物、出版社御用達の老舗あんみつ、おめでたい日にぴったりのローストビーフなど、喜ばれること間違いなしの鉄板「手土産」勢ぞろい!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんてことでしょう。最終回!? 残念だなー。まあ、現実のお店を巡ってるんだから、なかなか難しいのかも知れないな。とりあえず、あの髭の男とどうにかならなかったのが心残り。

  • 新潮社クラブとあんみつと文豪のエピソード。開高健が、釣りで坊主だった時の哀れな開高健ですと言いながら出てくるとか半年缶詰で22枚しか書けなかったとか、庭から本当に逃げ出そうとしたこととか。川端康成の霊が、原稿に詰まってたら手伝ってくれるとかいう話とか。/留学の夢叶う友に、たい焼き型茶漬けを持って行き、一緒に食べつつ、留学先にもたせたり。/杜鵑花でさつきと読ませる名前がきっかけで不登校になった子に、森鴎外のオットーやアンヌなどに漢字をあてた子や孫の名前を教えつつ、吉祥寺のケーニッヒのホットドッグを頬張り/カップリングや腐女子がわからぬ老作家と、檀一雄と太宰治が、シュッとした二人が乱暴に毛蟹を食べる構図を思い浮かべたり/最後はみんなで持ち寄っての花見シーン。文学と手土産をからめた「おもたせしました」てエッセイ書きませんかと編集者から依頼を受けた主人公の寅子。きっとネタにはつまらないだろうなと思わせつつ。いつもLINEのみでやりとりしてた叔母のさくらさんは最後、後ろ姿までしか見せず、おもたせもかぶったところで、大団円、と。/文豪たちが名教師だった頃(佐久間文子)読んでみたいなと思った。クールに見える芥川龍之介が意外や熱血教師だった話、とかとか。

  • 寅子の物の見方がとても好き。ホットドッグの回と、蟹の回は特に良かったなー。最終話も素敵なまとめ方!さくらちゃんの顔が分からないままなのもいい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

<b>うめ</b> 
原作担当の小沢高広と、作画担当の妹尾朝子からなる実力派漫画家ユニット。代表作は「スティーブズ」「大東京トイボックス」。電子版絵本「ねこにこねこ」も好評発売中。

<b>小沢高広</b>
わりと細かい夫。原作&料理担当。漫画原作の他、「劇場版 マジンガーZ /INFINITY」の脚本なども手がける。ゲームとロボットと日本酒を愛する。
<b>妹尾朝子</b>
基本ざっくりな妻。作画&洗濯担当。
ちばてつや賞出身で、青年漫画誌を中心に活躍。華奢な外見を裏切る、数々の武勇伝を持つ酒豪。とにかく猫が好き。


「2018年 『イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おもたせしました。3 (BUNCH COMICS)のその他の作品

うめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする