応天の門 (10) (BUNCH COMICS)

著者 :
  • 新潮社
4.47
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107721433

作品紹介・あらすじ

源融の宴に呼ばれた道真は、庭園で藤原基経と遭遇する。そこで基経の口から、兄・吉祥丸の名を聞いてしまうが……!? 兄・吉祥丸と基経の繋がりとは、そして、業平が持ち込んだ事件をきっかけに、道真の前にまたひとつの「出逢い」が訪れる――最強バディが紡ぐ、平安クライム・サスペンス、出逢いが紡ぐ第10巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったー。早く続きが読みたい。

  • 道真の兄と基経のエピソード。血なまぐさいものかと思われたが、一瞬の邂逅で、李白の詩をやり取りいしていた様が描かれ。メインの馬頭鬼のはなしも、渤海、ウイグルとの関わりが描かれ、唐のさらに西へ、北へと道真の興味関心が広がる様子が語られる。次巻から新章とのことだけど、いざ新章という雰囲気もなくながれてゆく。

  • 面白かった!特に吉祥丸とあの人のエピソード。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

はいばら やく
漫画家。東京都在住。女性。
元々は同人作家として和泉八雲名義で活動。2006年に「コミックZERO-SUM」にて『とかげ』でデビュー。2017年、在原業平と菅原道真が怪奇事件の謎を解き明かそうとするクライム・サスペンス作『応天の門』で第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞し、これが代表作となる。

灰原薬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

応天の門 (10) (BUNCH COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする