小林秀雄講演 第5巻―随想二題 本居宣長をめぐって [新潮CD] (新潮CD 講演 小林秀雄講演 第 5巻)

著者 :
  • 新潮社
4.36
  • (8)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (2ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784108301368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「もののあわれを知ること」は人間の生きる道だ。
    「考える」というのは身を持って交わるという事だ。
    だから対象を分析・調査する心理学や社会学は所詮サイエンスでしかない。
    そんなもので人間はわからない、理性と感情の区別なんて無意味だ。

    君たちの関心事はなんだ?
    自分の人生が幸不幸かという事だろう?生きる意味を問う事だろう?
    たった数十年の人生が幸福でなくて何の意味がある?
    その答えが出せないのは学問なんかじゃない。
    だから今の学者はみんなダメなんだ。

    高齢になっても熱く、そして温かい。

  •  本居宣長が源氏物語をどのように評価していたのかがよくわかる。

全2件中 1 - 2件を表示

小林秀雄の作品

ツイートする