ルネサンスの女たち

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120003288

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彼女の文章は、親しみやすくて読みやすくて大好き。
    上品で格調高めなのに古臭くなく高圧的でもなく、理路整然としてるのに感情的なところもあったりして、素敵で憧れる。
    これは彼女の処女作。小説というには客観的すぎ、伝記というには想像が入りすぎている、そんなテイスト。とはいえ史料をきっちり調べたうえで書いているのはいつもながら伝わってくるので、安心して読める。
    4人の女性について書かれた中篇集だけれど、彼女達について書かれたというよりは、彼女達を中心として政治やそれに関わる人物を描いた、といったほうが正しいかもしれない。(文中にもそういった意味のことが書かれているし) 「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」をようやく買ったものの読まずに置いていたんだけれど、この「ルネサンスの女たち」に彼が何度も登場したおかげで、ハードルが低くなったかんじ。

  • ?

全2件中 1 - 2件を表示

ルネサンスの女たちのその他の作品

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩野七生
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする