TUGUMI(つぐみ)

著者 : 吉本ばなな
  • 中央公論社 (1989年3月1日発売)
3.82
  • (151)
  • (155)
  • (198)
  • (16)
  • (5)
  • 本棚登録 :1317
  • レビュー :140
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120017759

作品紹介

二度とかえらない少女たちの輝かしい季節。光みちた夏の恋の物語。

TUGUMI(つぐみ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔から、そして今でも、大好きな本についてはうまく書けない。

    引越しのときに見つけた読書感想ノートに、3年生の私は
    「まりあのように過ごしたい。つぐみのように生きたい。」
    とだけ書いていた。

    先生からのコメント欄には、「それは例えばどんな過ごし方かな?具体的に書いてみよう」とも「どういうシーンが心に残ったか教えて欲しいな」とも書かれていなかった。
    ただ、「まっとうするということ。」とあった。

    15年経っても、ちゃんとした読書感想文はまだ書けそうにもないけれど、何度読み返してもやっぱりそのたびに、まりあのように過ごしてつぐみのように生きて、まっとうしたいと思う。変わらない自分に苦笑しながらも。

  • 綿々と続いてきた故郷でのある区切りのひと夏のお話。
    吉本ばななの描く人物ってほとんどが善良なんだけど押しつけがましくなくて好きだ。とうの「つぐみ」に私はそれほど魅力を感じられなかったからあまりのめりこめなかったけど。

  • つぐみを見てるとスッキリする。
    純粋なひとはもろくて強い。

  • 小説はあまり読まないのですが、吉本ばななだけはとても好きなのでよく読みます。

    個人的に小説を読んでいて最も楽しい瞬間っていうのが、「自分しか知らないはずの言葉にできないあの感覚」を言葉にしてもらえた時。

    この小説の海に対する描写、感情はとても素晴らしいと思います。

    海が好きで海と一緒に育った人にしかわからないあの感覚、共有できる人はほかにいるのかしら

  • 夏休みのたびに田舎に行ったことのある人なら、きっとこの主人公の複雑な感情を理解できる。

    例えその場所がなくならなくても、自分が大人になったり、環境が変わったり、知っている人がいなくなったり・・・。色んな理由で、楽しかった時と全く同じ夏はもう来ない。それを懐かしく思い、自分の宝になる。その雰囲気がうまく描かれた小説だと感じた。

    最後にベタにつぐみが死んで終わるのかと思っていたけれど、そんなオチではないところがさすが。死ぬとそれなりに話はまとまるけど、この話はつぐみの死なしに、主人公の故郷を想う感情を表現したことによって、より切ない複雑な気持ちが出ていると思う。それがすごくイイ。

  • かつて経験してきた、うまく言い表せない感情たちが、さらさらさらと表現してあって、読み進めずにはいられなかった。全く関係ないお話だけどら、共感せずにはいられなかった。不思議


  • 読むたびに思うんだ
    私つぐみになりたいよ
    強くて
    儚くて
    ああ
    とても美しい
    夏の月の綺麗な夜に
    さーっと読みたい

  • つぐみも魅力的だが、地味ながら陽子ちゃんはマリア様のような人だ、本当に。

  • 私が吉本ばななさんを知った最初の作品です。
    とてもステキな話です。
    読み終わってみたら、生意気だったつぐみのコトをすごく愛しく感じていました。

  • 「『ポチはうまかった』と言って笑えるような奴になりたい。」<br>ハードカバーの装丁が好き。少女と犬と潮風。

全140件中 1 - 10件を表示

TUGUMI(つぐみ)のその他の作品

TUGUMI (中公文庫) Kindle版 TUGUMI (中公文庫) 吉本ばなな
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫) 文庫 TUGUMI(つぐみ) (中公文庫) 吉本ばなな

吉本ばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
劇団ひとり
綿矢 りさ
吉本 ばなな
よしもと ばなな
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

TUGUMI(つぐみ)を本棚に登録しているひと

ツイートする