帝王の殻

著者 :
  • 中央公論社
4.08
  • (5)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120019029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 火星三部作の2作目。作中の年代としては真ん中。
    盛大な親子孫喧嘩。

  • 火星三部作の二部目。一部目「あなたの魂に〜」より前の火星。人工副脳PABって、これもう私にとっちゃTwitterだとか読書メーターみたいなもんじゃないの?と思って、自分に投影して震え上がった…。自分とは何かを知るための補助手段だと、わかってなくちゃいけないのだわ、いつでも。さておき。今回は休み丸一日使って一気に読了。虚構の世界にどっぷり浸れる幸せを堪能した!おもしろかった!!

  • 火星記三部作の二作目。
    前作ほどの疾走感はないかな…?

    ちょっと、前半は説明っぽくてダラダラ感が否めないかな。
    地球人が出てくるあたりからは、怒涛の勢いですよー(^∇^)

  • 借本。
    3部作の真ん中の作品。
    アミシャダイが言った言葉にゾクゾクしたけど、
    前作程の感動はなかったです。
    次が完結なので、どうなるかワクワクしてます。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1953年、新潟県新潟市生まれ。79年、短編「狐と踊れ」で作家デビュー。『敵は海賊』、『戦闘妖精・雪風』シリーズなどで数多くの星雲賞を受賞し、95年、『言壺』で第16回日本SF大賞を受賞した。『魂の駆動体』、『永久帰還装置』、『いま集合的無意識を、』、『ぼくらは都市を愛していた』など著書多数。SFファンの圧倒的な支持を受けている。

帝王の殻のその他の作品

帝王の殻 Kindle版 帝王の殻 神林長平

神林長平の作品

ツイートする