新釈 落語咄

著者 :
  • 中央公論社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120024597

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 立川流の真髄を探るために読み始めた。
    立川談志の古典の解釈を解読するための
    絶好のガイドブックである。

    「落語とは 人間の業の肯定である」
    という有名は談志落語論を
    様々なネタの端々から感じる。

  • 名古屋に住んでいて、そんなに多く落語を生で聞く訳ではないのだけれど、立川談志さんを生で何回か聞いたことがある。う〜ん、なぜだか、いいねぇ、うなってしまうのである。毒舌だとか言うけれど、友人も彼には真実があるねと発言していた。

全2件中 1 - 2件を表示

新釈 落語咄のその他の作品

新釈落語咄 (中公文庫) 文庫 新釈落語咄 (中公文庫) 立川談志

立川談志の作品

ツイートする