ハチ公の最後の恋人

著者 :
  • 中央公論社
3.54
  • (65)
  • (82)
  • (202)
  • (12)
  • (2)
  • 本棚登録 :543
  • レビュー :89
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120025792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/07/27 読了

  • お別れが必ず来る2人だとわかっているので、2人の楽しい場面でもどこか切ない。別れがわかっていることで物語の一文一文をかけがえのないもののように感じながら読むことができた。切ないけれど前向きになれる

  • 図書館

  • 1990年代の吉本ばななは精神世界に没入してしまっていたため受け付けず、リアルタイムではほとんど読んでいなかったのだが、この小説くらいから何か落ち着いて来たという感がする。いや、時系列で読んで無いし、未読だらけなので、あくまでもなんとなくですが。

  • 吉本ばなな、2冊目。
    何かで、女子にオススメ!みたいな形で取り上げられてたのを思い出して
    手に取ってみた。

    あんまりはまらなかった。
    私のような普通の人間には、やっぱ吉本ばななにはついてけないのか…
    と思ったけど、一番最後のハチとのお別れのときには、
    あぁ、本当にそうだなぁ、と思う部分があって切なかった。
    雰囲気とかニュアンスとか空気感とかを読み取りつつ、深く読まない感じの小説。
    文章で言いたいことがすごくわかりにくいというのが率直な感想。
    ※15~17歳の主人公のレベル感に合わせてやっているのだとしたらすごいけど、文章と言ってることにギャップがあってそれもまたついていけない。。。

    犬の話だと期待していたのは大いなる勘違いでした。。。笑

  • ええと、なんかこう
    雰囲気で読む感じの本かなーと。

    新興宗教とかせっくすとか、まあわたしとはかけ離れたものばっかりで
    ついていきがたかったっていうのが正しいやも

    やらしーのにやらしくなかった 生々しくないというかなんというか
    でもがっつり恋愛の話読んだのが久しぶりすぎて、なんだろう、むねやけ?みたいな感じになっている 耐性がないのだ…

    序盤であわわあわわゆりなの?あわわわ違ったあわわってなってたので
    そりゃついていけねーよってな!ざんねん!

    文章はやっぱり好きで、あーいいなーって思ったり
    でも簡単にいったら「わかんなかった」って感じです はい


    ふはー…つぎは森見さんよもうかな…
    あっそのまえにつぐみ読まなきゃだ 途中まででほっぽったままだ



    @高校の図書館

  • 2回目。

    毎日普通に顔を見て、挨拶を交わして、一緒にごはんを食べて。生活を共にする人との普通の毎日が実はこんなに素晴らしいんだと思わせてくれる。

    最後、マオちゃんがハチに言った別れの言葉にも感動したけど、その後の「どうか、マオちゃんがもしも誰かと一緒になるとき、その気持ちでいられるよう。」というハチの言葉に更に感動した。

  • 犬じゃなかったです(笑)
    元々そこまで年も離れていない女性(なぜかおかあさんと読んでいた)の彼氏だった人とのお話。
    宗教のおうちに生まれて、おばあちゃんは確かにそういう不思議な力を持っていたのだけど、亡くなってしまう。
    おばあちゃんは主人公にハチ公の最後の恋人になるだろう、という予言を残していた。
    お母さんと信者さんは、おばあちゃんの教えを残していこうとして宗教をやめることはなかった。
    其の家に馴染めずに、「おかあさん」の家に入り浸り、ある夜、「おかあさん」は事故により死亡してしまう。
    そののち、おかあさんの居ない空間が寂しくて、ハチにも逢わなくなっていく。
    家に戻り、いろんな男の人と関係を持って、そして数年後、ハチが迎えに来てくれて、一緒に暮らすようになる。
    ハチ公の最後の恋人は、期限が限られているからのこと。
    はっきりとお別れのときが解っていても一緒に居る。
    ハチ公にとって主人公は最後の恋人かもしれないが、主人公にとってハチ公は最後の恋人ではないから、きっとこれから先、別の人を見つけて仕合わせになれるのだろう、というかんじでした。

  • すごい好きな話。こういう世界観大好き。あこがれるわー。

  • まだまだ続く吉本ばなな熱~。
    この本はばななさんの文章の癖が強く出ているように思ったのですが。
    書き方っていうか表現の癖みたいな。
    これは10年前の作品ですが、ばななさんの小説は昔の作品ほど好きかも。

全89件中 1 - 10件を表示

ハチ公の最後の恋人のその他の作品

吉本ばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
伊坂 幸太郎
よしもと ばなな
吉本 ばなな
よしもと ばなな
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

ハチ公の最後の恋人に関連する談話室の質問

ハチ公の最後の恋人を本棚に登録しているひと

ツイートする