童門式「超」時間活用法

著者 :
  • 中央公論社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120026423

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • のっけから私の文章作法として、テープレコーダーに内容を吹き込んでそれぞれ担当の人にタイプしてもらうって話が出てくる。
    その発想はなかった。なんという分業制。
    このことからも分かるように著者は合理主義というか、実用主義的。実際がどうかなんて問題じゃない。こう考えた方が便利だから私はこう考えるんだ。タフである。
    睡眠時間の話はすこしおもしろいが後は平凡。というか、出落ち。最初の話が印象強すぎる。

全1件中 1 - 1件を表示

童門冬二の作品

ツイートする