男というもの

著者 :
  • 中央公論社
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120027512

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつて一大「失楽園」ブームを巻き起こしたこの恋愛小説の名手は、何も不倫や離婚を勧めているのではない。ただ、「一人の男と一人の女が生涯を共にし、脇目もふらず一緒にいる形」が「果たして人間を幸福にしたか」ということに「いささかの疑問」を感じ、それはむしろ、「人間を息苦しくし、苛だちをつのらせ、生きものとしての生彩を失わせることになった」のではないかと考えている。そこで腕を振るったのが、『男というもの』。男の子の“性の目覚め”から、「処女願望」「なぜ“風俗”に行くのか」「浮気と本気」「絶対愛とは」など、男と女の考え方、感じ方からセックスの違いまで、自らの体験を交えながら徹底的につづった。よりよい愛をはぐくむために知っておきたいことがあまねく網羅された刺激的なエッセイである。(家永光恵)

    この本を読んで男のすべてが渡辺淳一のいう『男というもの』であるわけではないのではと疑問を持つ女性もいるかもしれないが、よくも正直にあけすけに男について書いたなというのが正直な感想。信じられる女性、信じられない女性あるだろうが、間違いなく女性が男を知るためのバイブルのような本である。

  •  娘に彼氏が出来た時に読ませようと思っています。男というものはこういうものだという渡辺淳一氏の見解です。男性のことが理解できないと思う時にお勧めです。

全2件中 1 - 2件を表示

男というもののその他の作品

渡辺淳一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
桜木 紫乃
渡辺 淳一
グラハム ハンコ...
冲方 丁
三浦 しをん
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする