オケのなかの蛙、大海に挑む

著者 :
  • 中央公論社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120027932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を手に取るまでオーボエとクラリネットは違う楽器であるということすら知らなかった大うつけ者の私ですが、どうか音楽の神様バチを当てないでくださいごめんなさい。

    そんな体たらくなので、クラシック音楽に関して中学高校の音楽の授業レベルの知識しか持ち合わせていなかったのですが、軽妙な語り口に引き込まれるようにして読了。全編通して筆者の「音楽愛・芸術愛」を存分に浴び、もともと乏しい自分の音楽観を根底から覆された思いです。

    N響演奏旅行日記までは楽しく読んでいたのですが、小澤征爾との対峙の臨場感やセミナーにかける熱意、レッスンとゲネプロと本番の連続に追い込まれてゆく様などは、手に汗握ります。著者と一緒に読者までもが疲れそうな大迫力。

    様々なバックステージを垣間見させていただいたことで、これからの私の「聴き方」も変わりそうです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)。シュトゥットガルト・フィルを経て一九九〇年よりNHK交響楽団首席オーボエ奏者。九六年から指揮活動も開始。自ら企画も担当し、ときにはスクリーンに画像を投影しながら、さまざまな名曲を解説しつつ演奏するスタイルで全国的に活躍。「のだめカンタービレ」のクラシック監修やコンサートの企画・指揮でも知られる。指揮を岩城宏之、外山雄三、広上淳一、三河正典の各氏に師事。著書に『オーケストラ楽器別人間学』『くわしっく名曲ガイド』『音大進学・就職塾』『読んで楽しむ のだめカンタービレの音楽会』などがある。

「2018年 『オーケストラ楽器別人間学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

茂木大輔の作品

ツイートする