すぐれた組織の意思決定―組織をいかす戦略と政策

著者 :
  • 中央公論新社
3.60
  • (3)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120028915

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゴミ箱モデルや社会的手抜きなど組織ならではの意思決定理論がよくまとまった名著です。

  • 組織は意思決定が重要。
    と思わせるつくり。
    様々な因子があるがこれも認識するかしないかと感じる。

  • 先輩の勧めで読んだ。本当はじっくり読みたかったのだが、あまりに時間がなく、更に母校の図書館で借りちまった上、返却リミットが来てしまったため、さらりとしか読めてない。絶版とのことなので、マーケットプレースで発注。

    以下、一部引用

    ■『みずから最初の意思決定を覆すことは、最初の判断が誤りであったことを公に認めることである。無能と言われるよりは、コミットし続けることによって、自己の面子を保つことを選ぶ場合もある。
    ... 組織内に敵が存在する場合には、間違いを認めることは致命的かもしれないという恐れもある。』
    ■このような印象操作を防ぐにはどうしたらよいのだろうか。それには、印象操作を超えて「すぐれた意思決定」を行うことを積極的に評価する報酬システムや共有された価値という意味での文化を、組織内に作る必要がある。

    非常に勉強になった。なんでこの良書が絶版なんやろう?

全3件中 1 - 3件を表示

すぐれた組織の意思決定―組織をいかす戦略と政策のその他の作品

印南一路の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野中 郁次郎
ハロルド・ジェニ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする