最後の国境への旅

著者 :
  • 中央公論新社
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120030390

作品紹介・あらすじ

異国のことばに耳をすませて、記憶の深層の風景を紡ぎ出す旅。自身の母国語ではない「日本語」にこだわり、「日本語」によって世界を捉え続ける気鋭の作家の最新エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 菅啓次郎さんの本で、この本の中に収められている津軽の話を知った。さいはての青森を訪れた著者が、ほの暗いお堂のなかに所狭しと並ぶ地元の夭折者の写真と、その花嫁人形(若くして亡くなった人が寂しくないようにと、両親が娶わせる)の光景に出会う。
    アメリカ国籍を持ち、英語を母国語としながら幼い頃からアジアで生活し、日本語で小説を書いている著者。その人が日本語で描き出しているその光景は、日本の最奥で光を放っているようで、どこか衝撃的な印象も。

  • ・・・読み手としてイメージを先行し過ぎてしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

リービ英雄の作品

最後の国境への旅を本棚に登録しているひと

ツイートする