軍学考 (中公叢書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120030673

作品紹介・あらすじ

由比正雪、山鹿素行、吉田松陰らが究めた軍学の役割とは?孫子、クラウゼヴィッツを論じて核戦略にまで説き及ぶ軍学的思考の精髄。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まだ途中読みだがおもしろい

  • [ 内容 ]
    由比正雪、山鹿素行、吉田松陰らが究めた軍学の役割とは?
    孫子、クラウゼヴィッツを論じて核戦略にまで説き及ぶ軍学的思考の精髄。

    [ 目次 ]
    第1章 感性とは何か
    第2章 感性的体験と原風景
    第3章 歴史的感性
    第4章 概念風景から感性風景へ
    第5章 ロゴスと感性
    第6章 生と死の感性論
    第7章 愛着の美学
    第8章 逸脱の価値構造
    第9章 感性を取り戻すこと

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「日本には戦略が無い」と云う言葉をよく耳にします。実はそれは敗戦後のたった60数年の話。日本には他国に誇れる軍学の歴史があったのだということを兵頭氏は解き明かして呉れました。内容が濃いですから取り扱いにご注意下さい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

昭和35年、長野市生まれ。陸上自衛隊に2年勤務したのち、神奈川大学英語英文科卒、東京工業大学博士前期課程(社会工学専攻)修了を経て、作家・評論家に。既著に『米中「AI大戦」』(並木書房)、『アメリカ大統領戦記』(2冊、草思社)、『「日本陸海軍」失敗の本質』『新訳 孫子』(PHP文庫)、『封鎖戦――中国を機雷で隔離せよ!』『尖閣諸島を自衛隊はどう防衛するか』『亡びゆく中国の最期の悪あがきから日本をどう守るか』(徳間書店)などがある。北海道函館市に居住。

「2022年 『ウクライナの戦訓 台湾有事なら全滅するしかない中国人民解放軍』 で使われていた紹介文から引用しています。」

兵頭二十八の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×