おひとりさま

著者 : 岩下久美子
  • 中央公論新社 (2001年9月発売)
3.22
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120031793

おひとりさまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「個」を確立し、仕事も恋もサクセスさせる「自他共生」の女性について書かれた本。
    ただ、著者がバブルを謳歌した世代なのか、おススメの店などが南青山とか神宮前とか東京に住んでいても気楽に行くかな…という場所でした。
    そう言えば、内容も少しわかるよね?
    良いことも書かれていたけれど、著者より下のロストジェネレーション世代とかには、ちょっと甘いなぁ~っと思われる部分もありました。
    もちろん、時代がズレているように思う部分はスルーして読めば、それなりにためになる本だと思います。

  • たぶん最初の「おひとりさま」。
    このころの、女ひとりのおでかけにチクチクと刺さる視線に抗おうとする「ひとりで出かけたいんだよ!」って主張が好きだ。
    今の「おひとりさま」観は、性愛にゆがめられてしまっている。

    ひとり旅を楽しむとか、ふらりと食事どころに入るとかの「ひとりの楽しみ」も普通に満喫したいだけで、独り身のススメじゃないんだよね。
    ひとりでもいられる世界が欲しいだけだ。

  • 1人で居ることへの偏見が早く無くならないかなあと思う。
    この本、結構好きです。

  • 恥ずかしながらひとりで外でご飯が食べられませんでした。この本は参考にはなったけど、何回か「おひとりさま」をやってしまえば、どうってことないことでした。実践あるのみ。「ひとり」だからこそ見えてくるものもあって、おひとりさまが大好きになりました。

  • ひとりでお茶、映画、バー、旅行とかってあこがれちゃいます。
    おひとりさまするのにオススメなお店情報も満載。

全5件中 1 - 5件を表示

岩下久美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
群 ようこ
レイチェル カー...
桜庭 一樹
ミッチ アルボム
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

おひとりさまはこんな本です

ツイートする