言葉―アイヒマンを捕らえた男

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120033148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイヒマンは真面目な官僚。しかも当時のドイツは超学歴社会のヒエラルキー。彼は相当に真面目な官僚だったのだろう。
    こう語っている。「あれは任務だった。私は軍旗に忠誠を尽くし上官の命令に従った。大きな機械が神の意志によって動いていた。私はその中の小さな歯車にすぎなかった」彼の本心だろう。

全1件中 1 - 1件を表示

山崎正和の作品

ツイートする