太平洋の薔薇〈上〉

著者 :
  • 中央公論新社
3.65
  • (4)
  • (11)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120034244

作品紹介・あらすじ

灼熱のマラッカで老朽貨物船パシフィックローズを襲った恐るべき陥穽-。荒天の下、男たちの野望と憎しみが蠢き始める!猛る海原吼える烈風。書き下ろし海洋冒険小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016 7 14

  • 貨物船パシフィックローズがハイジャックされる.一方ロシアでは細菌兵器が盗まれ国外に運び出されようとしていた.海洋冒険小説であり、日本の海上保安庁、アメリカCIA、ロシアの連邦保安局(FSB)などが絡む一級のスパイ小説の感もある.

  • アジアの海上パシフィックローズでの攻防、ロシア、アメリカでの駆け引き、豪華客船上の細菌学者と全ての元凶黒幕執事。悪天候の中下巻に向かって雪崩落ちて行く。

  • 安濃図書館。

  • シージャックに遭った船長と
    懸命に父を追う海上保安官である娘。
    細菌兵器の行方を追うKGB。
    恋人の敵でもあるテロリストを追う元CIA。
    豪華客船の船医。
    徐々にそれぞれの繋がりが見えてきたところで下巻へ。

    場面がめまぐるしく変わっていくのだが
    やはり外国人の名前がなかなか頭に入っていかず。

    下巻が楽しみ。

    【図書館・初読・7/3読了】

全6件中 1 - 6件を表示

太平洋の薔薇〈上〉のその他の作品

笹本稜平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする