細菌と人類―終わりなき攻防の歴史

制作 : Willy Hansen  Jean Freney  渡辺 格 
  • 中央公論新社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120034909

作品紹介・あらすじ

「見えない敵」の存在を、人類はいかにして見いだし、どのように闘ってきたのか。古代人の洞察から細菌兵器の問題まで、研究に身を投じた学者たちのエピソードとともに、直観と誤解、発見と偏見の連綿たる歴史を克明にたどる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カバーから:見えない敵の存在を、人類はいかにして見いだし、どのように闘ってきたのか。古代人の洞察から細菌兵器の問題まで、研究に身を投じた学者たちのエピソードとともに、直感と誤解、発見と偏見の連綿たる歴史を克明にたどる。
    ペスト、黒死病の猛威について興味があり読んだ。
    実際はそれ以外の多くの伝染病も含めた解明史的な本。
    ヨーロッパ中心に多くの医者達が混乱した世の中においても、科学的な究明に人生をかけた歴史に敬服。北里博士の貢献も書かれている。ほんの2世紀ぐらいの間に多くの発見があったことも良くわかった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「見えない敵」の存在を、人類はいかにして見いだし、どのように闘ってきたのか。古代人の洞察から細菌兵器の問題まで、研究に身を投じた学者たちのエピソードとともに、直観と誤解、発見と偏見の連綿たる歴史を克明にたどる。

  • 人類は、農作のために森を切り開き始めた頃から細菌と戦い始めた。一度感染すれば、村や国が滅びるほどの大惨事になっていた。
    19、20世紀に顕微鏡が開発された頃から、感染の原因が徐々に解き明かされていった。
    今日では、予防方法、治療方法が確立されておかげで、大感染もなくなり、安心して暮らせるようになったが、まだ、SARS・エボラ出血熱・エイズなどの脅威はくすぶり続けている。


    ペストに至っては全世界で2億人が亡くなったとされているが、感染原因・治療方法が明確になったおかげで、20世紀頃からは感染による死亡者数が少なくなったが、逆に人類の総人口が爆発的に増え始めた。(増えた要因は医療が発達しただけではないが)

全3件中 1 - 3件を表示

細菌と人類―終わりなき攻防の歴史のその他の作品

ウィリー・ハンセンの作品

細菌と人類―終わりなき攻防の歴史を本棚に登録しているひと

ツイートする