日本の自立―対米協調とアジア外交

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120034923

作品紹介・あらすじ

森内閣成立から自衛隊のイラク派遣決定までの三年余、戦後日本が、これほどの不安に直面したことはなかった。国家の将来像をつねに見据えて書かれた政治、外交論集。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

北岡 伸一(キタオカ シンイチ)
JICA理事長、東京大学名誉教授、立教大学名誉教授
1948年生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院法学政治学研究科博士課程修了(法学博士)。専門は日本政治外交史。立教大学教授、東京大学教授、国連大使、政策研究大学院大学教授、国際大学学長などを経て、現職。2011年、紫綬褒章。著書に『清沢洌』(中公新書、サントリー学芸賞受賞)、『日米関係のリアリズム』(中公叢書、読売論壇賞受賞)、『自民党』(読売新聞社、吉野作造賞受賞)など。

「2020年 『新しい地政学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北岡伸一の作品

日本の自立―対米協調とアジア外交を本棚に登録しているひと

ツイートする
×