高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーン

著者 :
  • 中央公論新社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120034947

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1930年4月から417日、訪問国欧米24カ国、
    帝の弟君高松宮伝家と最期の将軍の孫娘である喜久子妃殿下の
    グランドハネムーン。

    侍女として随行した山木たけさん(って、フォークデュオふきのとうの山木さんの伯母上にあたる方なんですね)の持ち帰った
    ホテルのラベルが美しい。
    そしてこの山木さんは「本当のサーバント」として、
    そのラベルを誰かに見せるでもなく、
    当時の話をするでもなく、一生を終えたそうだ。

    旅のエピソードも楽しく読んだけど、山木たけさんの存在に
    魅かれた。

  • 一年半に及ぶ新婚旅行に随行した女性の日記と資料から再現されたグランド・ハネムーンの全貌。参考になったのは各地で外交官、商社員、留学中の音楽家などがお祝いに馳せ参じたりしている記録が残っていることだ。

全2件中 1 - 2件を表示

平野久美子の作品

高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーンに関連するまとめ

高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーンを本棚に登録しているひと

ツイートする