ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死

著者 :
  • 中央公論新社
3.71
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120035548

作品紹介・あらすじ

お姉さんっ子で、レコード店の娘に恋し、映画監督に憧れつつ太平洋戦争に従軍、23歳で戦死した若者が残した詩は、時代を越えて人の胸を打つ。25歳の書き手による、瑞々しいノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「恋人の眼や ひょんと消ゆるや」小林察(新評論)
    をずいぶん前に読んでいたのですが…
    ほとんど記憶のかなたになってしまっている
    それでも
    「骨のうたふ」をこの世に残した
    竹内浩三さんは
    ずっと
    気になっている詩人のお一人です

    稲泉連くん(!)のまっすぐな志が
    竹内浩三さんのご遺族、
    そして、彼の存在を遺しておこうと
    された様々な方たち、
    の気持ちを開かれたのだと思う

    竹内浩三さんには
    もう逢うことは叶わないけれども
    その純粋な気持ちを持った若者である筆者が
    その純粋な気持ちを持ったまま戦場に消えた
    優れた詩人の輪郭を描きとどめた
    一冊になっている

  • 「そんなまぬけなぼくなので
    どうか人なみにいくさができますよう
    成田山に願かけた」p.23

  • by『復興の書店』←読まず
    大宅賞受賞作
    ----------
    『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』
    『命をつないだ道 東北・国道45号線をゆく』
    『仕事漂流 就職氷河期世代の「働き方」』

  • 昔、戦争から帰還した教師が「戦争で死んだ友人たちは本当に優秀だった。彼らが生きていたら日本は変っただろうに」とのコトバを思い出した。

    映画監督になる夢があった青年は戦争に出かけ23歳で戦死。竹内浩三の詩は、自分は何であったのか、何であろうとするのか・・戦争とは何なのか、を平明な言葉で綴る。

    23歳の青年(著者)はその詩に感動し竹内と今の自分の接点とは何かを語り継ごうと筆を起こした。

    自分で生き方など選べなかった世代の深い慟哭を知ること。それが自分の生き方を考える糧になる。

    竹内のなんと瑞々しい感性。大好きな姉の哀しみの深さも素晴らしい筆力。

  • 自分が死ぬこと、大切な人が死ぬこと。
    まだ実感できない私は甘ったれ。
    それでも同い年で、
    同じように空を見上げながら、消えて逝った彼は。

    生きる実感がもてないってことは、
    死ぬ実感がないってこと。
    死を意識しながら生きるのが難しい今は
    幸せだけど怠惰で。

    なんて陳腐な言葉たち。
    もっと、もっと 自分の言葉で綴りたいのに
    どうしたってどこかでg売りしているようなものばかり。
    もっと、もっと 自分で言葉に出来たらいいのに。
    こんな安い言葉で書くのは無礼きわまりない。
    漠然としたコレをうまく伝えることのできる力が欲しい。

    私はアウトプットがすごく苦手で。
    今日までたくさん
    言葉に出来なくても、確実に伝わるものが
    あったのです。ありがとう。

全6件中 1 - 6件を表示

ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死のその他の作品

稲泉連の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
森 絵都
三浦 しをん
みうら じゅん
宮部 みゆき
内澤 旬子
三浦 しをん
内澤 旬子
ジュンパ ラヒリ
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする