ダヤンのお祭りの本

著者 :
  • 中央公論新社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120035562

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★★★★☆
    ダヤンでおなじみ池田あき子さんのお祭りレポート。
    ・ねぷた祭り
    ←だんじりが岸和田だけではないのといっしょで弘前だけの祭りではない!
    神社が無く神がおわさないから不浄がない。
    火の祭り、水の祭りである。
    スポンサーがつき縛りのある絵、絵師任せの絵、それぞれの心意気。
    じょんがら。津軽為信に追われた千徳家が滅び、菩提寺の常緑和尚が『上河原』で身を投げた故事を歌にしたもの。
    ・三社祭
    ←神輿をかつぐ。地元の人間だけでなく、全国から。
    下町。
    ・御柱祭
    『奥山の大木 里に下りて 神となる』
    酔っ払い池田さん。二ノ宮知子さん『GREEN』で似たエピソードがあったのを思い出した(^^)
    『止めてくれるな明神さまよ』
    エッセイ初めて読みましたが、かなりオチャメな方っぽい。
    (まっきー)

全1件中 1 - 1件を表示

池田あきこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池田 あきこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする