“意”の文化と“情”の文化―中国における日本研究 (中公叢書)

著者 :
制作 : 王 敏 
  • 中央公論新社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120035760

作品紹介・あらすじ

『万葉集』から靖国問題まで、中国人研究者16人による日中関係研究の最前線。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1039夜

  • [ 内容 ]
    『万葉集』から靖国問題まで、中国人研究者16人による日中関係研究の最前線。

    [ 目次 ]
    1 トレンディドラマと村上ワールド
    2 ブックロードを尋ねて
    3 和物の起源を求めて
    4 中国人の日本観をみる
    5 政治と宗教をめぐって
    6 日本語の面白さ、難しさ
    7 日本文化研究の新展開

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中国・河北省承徳市生まれ。現在、法政大学国際日本学研究所教授、大連外国語大学日本語学部卒業、四川外国語学院大学院修了。宮沢賢治研究から日本研究へ、日中の比較文化研究から東アジアにおける社会文化関係の研究に進む。人文科学博士(お茶の水女子大学)。「文化外交を推進する総理懇談会」や「国際文化交流推進会議有識者会合」など委員も経験。日本ペンクラブ国際委員、朝日新聞アジアフェロー世話人、早稲田大学や関西大学などの客員教授を歴任。
90年に中国優秀翻訳賞、92年に山崎賞、97年に岩手日報文学賞賢治賞を受賞。2009年に文化庁長官表彰。宮沢賢治を中国に初めて紹介したことで有名である。

「2019年 『嵐山の周恩来 日本忘れまじ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

王敏の作品

“意”の文化と“情”の文化―中国における日本研究 (中公叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする