さらに経験を盗め

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (4)
  • (7)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120036606

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一冊目ほどの新鮮さはなかったけれど、引き続き面白かった。日記の章が特に。

  • 普段テレビとかのメディアでは到底聞くことができないような夢の対談が続々と。
    やっぱり各方面を極めてる人の話っていうのは面白い!
    ハゲ、ランチ、乳房、恐竜、ラーメン、花火が特によかったなぁ。
    このシリーズもっと読もう。

  • memo

    「病は気から」何クソの精神で活発になった白血球が菌を殺す
    人間は気の持ち方で免疫力、病気に対する力が違う
    「大丈夫だ」と思うことが大事
    ホメオスタシス(恒常性):状態を元に戻そうとする力⇒回復、自然治癒力


  • ここに登場する人は本当に
    自分が研究・没頭している分野が大好きで
    熱く語っている

    普通に生活していたらなかなか知りえない文化の
    一端を垣間見ることができる一冊
    どこかで聴いたテーマもあれば
    聴いたことのないテーマもある

    これだけ内容が凝縮されているに
    この値段なら十分価値はある

  • 「ほぼ日刊イトイ新聞」の本はどれも面白いので、図書館で見つけて借りてきた。いろいろなトピックスについて、その道の専門家が糸井さんと対談しているが、「乳房という胸騒ぎ」の章が特に面白かった。自分に身近な話だし、普段話題に上ることもないし。「視点を変えて見るとバストは表情が変わる」とか「ブラジャーで正しいサイズをつけている人は4割弱」(!)とか、面白い話題がたくさんあった。

全5件中 1 - 5件を表示

糸井重里の作品

さらに経験を盗めはこんな本です

ツイートする