黒船以降―政治家と官僚の条件

  • 中央公論新社
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120036965

作品紹介・あらすじ

世界史的視野から幕末・維新を読み解く。変革期を生きたサムライたちの才幹、器量、品格を縦横に論じあう痛快対談。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 良い本をしりました
    またかります

  • 日本が開国へと大きく舵を切った、幕末から明治維新に至る歴史を勉強したいと思っていた。この本は東大教授の山内先生と歴史小説家の中村彰彦さんの対談という形をとっているが、出来事・人物についても親切に解説してくれるのであまり知識がなくても読める。川路としあきらという有能な官僚がいたことをこの本で初めて知った。徳川斉彬と水戸藩がこの本では相当けなされているが、今年の大河ドラマ「篤姫」でも斉彬は悪役だし、評判がよくない人物らしい。彼のように厄介な人間を操りながら、片方で川路のような人物を登用した阿部正弘は賢明な人物だったのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年、札幌市に生まれる。北海道大学文学部卒業。東京大学学術博士。カイロ大学客員助教授、東京大学助教授、ハーバード大学研究員、東京大学教授・同中東地域研究センター長などを経て、現在、武蔵野大学国際総合研究所特任教授。東京大学名誉教授。フジテレビジョン特任顧問と三菱商事顧問を兼ねる。国際関係史、中東イスラーム地域研究を専攻。司馬遼太郎賞受賞、紫綬褒章受章。著書に『スルタンガリエフの夢』(サントリー学芸賞)、『瀕死のリヴァイアサン』(毎日出版文化賞)、『ラディカル・ヒストリー』(吉野作造賞)、『岩波イスラーム辞典』(共編、毎日出版文化賞)などがある。

「2019年 『日本近現代史講義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山内昌之の作品

黒船以降―政治家と官僚の条件を本棚に登録しているひと

ツイートする
×