ミーナの行進

著者 :
制作 : 寺田 順三 
  • 中央公論新社
3.85
  • (279)
  • (281)
  • (369)
  • (17)
  • (7)
本棚登録 : 1737
レビュー : 361
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120037214

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりの小川洋子さんの本。たまーに、こういうほのかな話を読むと心が浄化されて気持ちいいね~。

    登場してくる人みんなイイ人ばかりで、ミーナが喘息だったのしろ、伯父さんが帰ってこないにしろ、伯父さんを待ってる伯母さんにしろ、ローザおばあさんが結婚してから離れ離れになった家族のこと、いろいろあっても毎日平和にのんびりした生活がこの本にはある。
    こういう「こころのゆとり」って大切だと思うな~。

    いとこ同士がいつの間にかかけがえのない家族以上の親友以上の存在になってる姿は、まるでローザおばあさんと米田さんの様。

    メルヘンっぽくて実は現実の世界で、本を読んでるときだけ自分が別世界にいたように感じさせてくれる本だった。

  • 主人公の少女が母親の都合で従兄弟の家に一年間居候になる1年が書かれている。従兄弟はドイツ人のクォーターである一つ年下のニーナ。芦屋の豪邸に住む彼女との暮らしは新しい体験が一杯。

    ハードカバーや挿絵がとても可愛いくて持ち歩いていてとても愛着があった。

    心温まるストーリーで、自分の小中学生時代を思い出しながら読んでいた。

  • マイノリティな幸せや切なさを表現することが多い小川洋子さんの小説の中では珍しい「可愛らしい」「幸せな」小説だと思う。
    小川洋子さんを読むときの癖で、突然何があっても大丈夫なように気持ちを身構えて読んでいたので、私には拍子抜けでもあった。

  • いとこの家に預けられた中学一年生の朋子、いとこの家には1つ年下の女の子ミーナがいた。暖かいいとこのお家の人々、ミーナとペットのカバ(正確にはコビトカバ、偶蹄目カバ科コビトカバ属)のポチ子との交流。
    30年後の朋子が当時を懐かしむような形で物語が進んでいるためか、郷愁を感じる。やわらかな物語。

  • やさしくてあたたかい時間がゆっくりと流れる。
    このまま、あと何百頁でも続いて欲しいと思った。

  • 目を閉じると、あの芦屋の家が浮かび上がってくる◎ポチ子大好き☆☆☆

  • 浮気 よりも 秘事 の方が合う。

  • 芦屋
    ミーナ
    ポチ子
    フレッシー
    マッチ箱の物語
    男子バレー
    とっくりさん

  • 264.2010.6.3

  • 2014.1.29読了
    ゆっくりとした時間が流れる、フワフワとした気分になる物語だった。あまり得意じゃないけどね。挿絵が素敵。

全361件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

ミーナの行進のその他の作品

小川洋子の作品

ツイートする