川の光

著者 : 松浦寿輝
  • 中央公論新社 (2007年7月1日発売)
3.66
  • (31)
  • (36)
  • (60)
  • (5)
  • (2)
  • 317人登録
  • 77レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120038501

川の光の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *平和な川辺の暮らしは失われた。晩夏、安住の地を求めてネズミ一家の冒険が始まる。足元で脈動する世界に優しいまなざしを向け、柔らかい魂の手触りを伝える物語*

    ずいぶん前に読売新聞の連載で読みましたが、当時は毎日続きが気になって気になって。ネズミ一家の話ですが、犬や猫、もぐらや雀など個性豊かな動物たちも魅力的です。タータにチッチ、頑張れ!と何度も手に汗を握る展開、あたたかい読後感、全てが素晴らしいお話です。

  • 東京近郊の川沿いで平和に暮らしていたクマネズミ・タータの一家は、人間による河川工事が始まって、それまで住んでいた場所から立ち退かざるを得なくなる。上流へ向かう一家(父と弟チッチ)には次々と困難が降りかかる。後ろからは同じように人間に居場所を追われたイタチが積年の恨みをはたそうと一家をつけ狙う。

    そして、上流の町に近い住み良い場所には、大きなドブネズミ軍団が凶悪なボスネズミを中心に、強大な帝国を築き上げ、一家を一歩もその中に立ち入らせようとしない。そうこうすうるちに、次から次へと降りかかる災難。必死の思いで逃げ延びるタータたちに、いつも親切な誰かが助けの手を差し伸べてくれるのだった、、、

    波乱万丈、はらはらどきどきの連続で、当時愛読していた人たちは、新聞連載中はたくさん気を揉んだに違いない。いつも風前の灯といった危機一髪の事態から、急転直下、天の助けが入るという都合の良い(!)展開。(連載の都合上だろうが、これがお約束だ。しまいにはそのパターンにすっかり安心して読み進めている自分を発見。)

    印象的な助っ人たちは、ゴールデン・レトリーバーのタミー、ロシアンブルーの猫・ブルー、図書館に住み着いている脱走ドブネズミのグレンなどなど、、、 この物語から派生するお話では、これらの登場人物たちが大活躍するらしいが、それは別の作品となる予定。

  • ちっちゃなネズミの一家が新天地を求めて旅をする、その道中での出会いや困難、助け合い、別れ、家族愛が描かれています。タッタとチーチ、ちっちゃな兄弟から生命の偉大さを感じます。ネズミなのにおっきな心のお父さん、ネコのブルー、まだ幼いタミー、ネズミ詩人のグレン、雀夫妻と獣医夫妻、次から次へと愛おしいキャラが登場。も〜ドキドキすること請け合いです。
    新聞連載中リアルタイムで読めた方は幸せ者だ。

  • 是非是非、皆に薦めたい本の一冊!!家族、友達、人は(ねずみは)決して一人で生きているのではありませんから。

  • 中高生向けですかね。鼠の親子の冒険譚で読み物として読めなくはないけど、大人が読んで楽しい本ではないですね。ファンタジーとしても、人の言葉を理解しちゃうのはちょっとやり過ぎ。

  • ファンタジーだね、フィクションだねと、
    わかっているのに引き込まれてしまう。
    最後まで読みたくさせる話の巧みさに脱帽!
    そして、この作者がこういう動物ものを
    書けるという意外さにもびっくり。

  • 読売新聞の夕刊に連載された小説。今、朝刊に「川の光2」が連載されている。続編らしい。それを妻に読み聞かせてもらっている子供たちが、前の話も知りたいと言うので、自分で読めるのかしらと思いながらも買った。さすがに下の子は無理だが、上の子は最後まで読んでしまった。お気に入りの犬と猫(ゴールデン・レトリーバーとロシアンブルー)が登場するので、頑張ったらしい。妻も上の子もおもしろいと勧めるので、読んでみた。確かにおもしろかった。毎日、通勤電車の中でわくわくしながら読み、時折ほろりとさせられて困った。子どもの頃、「グリックの冒険」や「冒険者たち」を、やはりわくわくしながら読んだことを思いだした。そちらの内容は、すっかり忘れてしまったが。

  • もし私が十歳くらいで、初めて小さな活字の、ちょっと大人っぽい雰囲気の分厚い物語を読む子どもだったら、きっと夢中になってこの本を読んだに違いない。

    生まれ育った川原を、暗渠化する工事が始まり、離れなければならなくなった、クマネズミのタータとチッチ、そしてそのお父さんの、新しい住処を探す冒険譚だ。
    途中、ドブネズミ帝国や一匹「狼」のイタチなどの攻撃におびえながら。
    また、ゴールデン・レトリーバーのタミーや、雀の夫婦、モグラのお母さん、猫のブルーに助けられながら。

    ただー。
    もう十歳くらいの子どもがいてもおかしくない年齢になってしまった私にとって、悲しいことに、どこか既視感を覚えてしまう。

    それでも、この小さなねずみたちの中にある強さには心を打たれる。
    そして、明るさや音やにおいが、この小さな生き物たちにどう感じられているかという想像力の冒険もできる。
    大人になってから読んだから感じられることもある、と信じたい。

    今年の実質的な「読み初め」となった一冊。

  • 大人の童話
    色んな困難を乗り越えて、ハッピーエンド。

  • あの老クマネズミは一体どうやって先にあの新天地にたどり着いたんだろう?しかも一匹で・・・

全77件中 1 - 10件を表示

松浦寿輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

川の光を本棚に登録しているひと

ツイートする