東大解剖 (教育ルネサンス)

  • 中央公論新社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120039089

作品紹介・あらすじ

創立から一三〇周年をむかえ、国立大学の法人化を機に、大きく変わりつつある東京大学。全国の大学のフロントランナーとされる改革の内実、いまどきの東大生の等身大の姿など、誤解や曲解も多い、知られざる東大の実像を紹介する。『教師力』に続く、読売新聞「教育ルネサンス」シリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  2009年出版。
     法人化されたあとの東大の風通しのよさは少し見えたけれど、個人的にはタイトルに偽りあり、かな。
     東大解剖という割りには、表層のみという気が。いや、元記事が新聞であったり、東大が巨大な組織だからしょうがないのだろうけれども。結局私大の話も出てしまっているし、うーん。
     しかしながら法人化された東大と他の私大、世界の大学という比較として読むならば、読みやすく面白い。タイトルが気になるだけか。

     直近で読んだ本で感じた法政大学がブランド名を売りにしているのに対し、東大というブランド名は重くて扱いにくいのだな、と思いました。

全1件中 1 - 1件を表示

読売新聞教育取材班の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする