リデルハートとリベラルな戦争観

著者 : 石津朋之
  • 中央公論新社 (2008年2月発売)
3.82
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 43人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120039157

リデルハートとリベラルな戦争観の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クラウゼヴィッツよりマイナーながら戦略思想史に名を残すリデル=ハートの評伝。第一次大戦の従軍経験が「間接アプローチ理論」の成立に大きな影響を与えたとする見解は読みごたえあり。また機甲戦術理論を発展させ、ドイツの電撃戦理論に多大な影響を与えたことにも注目。

  • リデルハートの価値は、民主主義国家における戦争の戦略を提示したことにある。

  • レベル高し。またいずれ読み返す。

全4件中 1 - 4件を表示

石津朋之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・H・...
石津 朋之
マシュー・ベネッ...
アルフレッド・T...
有効な右矢印 無効な右矢印

リデルハートとリベラルな戦争観はこんな本です

ツイートする