祭りのゆくえ―都市祝祭新論

著者 :
  • 中央公論新社
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120039195

作品紹介・あらすじ

日本人の心のよりどころ?生産や生活の共同が失われた都市にあって、祭りはなぜ必要とされるのか-。祭りをとおして見えてくる、現代社会の一断面。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつては土地神等と結びついての祭りというかたちだったのだと思うけど、生活が都市的になり、祭りの意味もスタイルも、そして根本的な意味さえ変貌していってる。その変化をいくつかの代表的な祭りを用いて追っている一冊。ハロウィンとかどうなんだろう。範囲が広範になりすぎるかな。もう今の祭りは楽しければいい、商戦の起爆剤(町おこしあり)的な意味しか残ってないんじゃないかと、失礼ながら思ってしまうかも。

  • 購入:2008/8/30、読了:2008/9/20

全1件中 1 - 1件を表示

松平誠の作品

ツイートする