ダヤンの路地裏ねこ歩き

著者 :
  • 中央公論新社
3.36
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120039409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 池田あきこさんのエッセイ本、好きなんですよね。イラストにちょこちょこっと書き添えられたコメントなんかを読むのが楽しくて。もともと一口メモみたいなの好きなんです。

    そして今回図書館で借りて来たこちらのエッセイは、東京+鎌倉の散策がテーマ。特に情緒ある下町がメインですね。

    私、都内では下町ばかりに住んでいたので、お!ここ知ってる!!みたいな喜びも多く。2006~2008の間に書かれたものらしいので、微妙に私が居た頃とはダブらないかもですが、住んでいたすぐ近所までいらしていたらしく、胸が熱くなります。

    子ども時代や家族のこととかにも触れられていて、ノスタルジーにも浸れちゃう。下町もどんどん変わって行ってるのね。でもそんな中にも変わらないものがあって。続いて欲しいと思う。

    しかし敷居が高くてなかなかなあ。高価なものが多いよなあ。贅沢だなあ。

    声を掛ける人たちが池田あきこさんだとわかっていないところがね、また。私なら町でスケッチしてる池田あきこさんみかけたら興奮してしまってダメだわ。

  • ダヤンシリーズです。

    ダヤンの本はいろいろと持っています。

    どうも「ねこ」という言葉に弱くって(^^;

    この方の色鉛筆画が好きです。

    躍動感もありますよ〜〜〜

    あちこちの路地裏に住む猫達の様子も楽しいです

  • これから読みます。

  • ねこキャラクター「ダヤン」が東京の路地裏を探訪する。
    色鉛筆を駆使したイヤミのないのびのびとした画風がいい。要望としては、もっと突っ込んで描いてほしいな。

全5件中 1 - 5件を表示

池田あきこの作品

ツイートする