1945年のドイツ 瓦礫の中の希望

制作 : Theo Sommer  山木 一之 
  • 中央公論新社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040115

作品紹介・あらすじ

ドイツが降伏したとき、私は14歳だった。ドイツ人ジャーナリストが書いた、第三帝国の崩壊と占領下での復興の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドイツそして日本にのっての1945年という年はかつて経験したことがない悲惨な年であったことは言うまでもありませんが、改めてこの本を読んでみて、ドイツの敗戦後がいかに悲惨であったかというよりも、ナチ政権が崩壊し、文字通り無政府状態の中で、東方ポーランドなどから逃げてきたドイツ人難民も大量に発生し、米英仏ソ4カ国の占領体制の下で、ドイツの将来像が決定され、ソ連・ポーランド・仏などの国境に関する思惑、事実作りなどが進行していく・・・。著者は日本の終戦と継続への動き、原爆投下と玉音放送による戦争終結などの章も詳しく書いているものの、ドイツの悲惨さは日本をはるかに上回ると思わざるを得ませんでした。しかし、その中でも著者はドイツに原爆が投下されなかったのは、降伏までに原爆が開発されていなかったという幸運!といいます。一方、ベルリンはほとんど瓦礫になっていたというのですから、幸運と言えるのでしょうか? ヒトラーの狂気は彼が自殺する時に、誇り高いドイツ人がむしろ全滅することを信じ、希望していた!?なぜ戦争に敗れることが明確になって行った中で、そこまでドイツ人が従っていったのかが、不思議です。戦後の欧州の国境線の確定などについても、どのようなスターリン、チャーチル、ルーズベルトほかの指導者たちの背後の動きがあって今に至っているのか、全く知らなかった自分を知らされました。

  • 2011年4月14日

    <1945 Die Biographie eines Jahres>
      
    装幀/多田和博
    写真/PPS通信社

全2件中 1 - 2件を表示

テオ・ゾンマーの作品

1945年のドイツ 瓦礫の中の希望を本棚に登録しているひと

ツイートする