ステップ

著者 :
  • 中央公論新社
3.97
  • (142)
  • (190)
  • (130)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 918
感想 : 187
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040177

作品紹介・あらすじ

結婚三年目、妻が逝った。のこされた僕らの、新しい生活-泣いて笑って、少しずつ前へ。一緒に成長する「パパと娘」を、季節のうつろいとともに描きます。美紀は、どんどん大きくなる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 結婚後 3年目で奥さんを亡くし、小さな子どもと一緒に成長していくお父さんのお話。
    お父さんの心情がすごくよく表現されています。
    「過ぎていく時間の中で、哀しみや寂しさと付き合っていかなければいけない」と感じました。
    いい本です。
    これもコレクションとして大切に手元に持っていたいと思います。

  • 娘がかなりおませだなぁと思いつつも、「思いどおりにいかなのが人生だから」には納得ですね

    重松さんの言葉には、にじみ出るような優しさを感じます

  • 1歳半の幼子を残して妻に先立たれた健一。 一緒に成長するパパと娘のお話。
    もう読む前から泣けるなってのはわかってました。わかっていながらも読み出したら涙腺崩壊・・泣けました。ここまで泣いたのは久しぶり。
    1歳半の娘を残して亡くなってしまった母の気持ちを思うといたたまれない。
    「悲しみや寂しさは、消し去ったり乗り超えたりするものではなく、付き合っていくものなのだ・・」
    健一と美紀はママが亡くなった悲しみを忘れるのではなく、悲しみと付き合ってきたからこそ、強くいきてこれたんですよね。
    切ないけれど心温まる素敵な作品でした。

  • 父と娘、二人の家族のお話が父親の視点で描かれる。保育園時代から小学校卒業までの美紀。それはもう、女の子の可愛いところが満載なのです。娘、美紀のことが他人と思えなくなり、何とか力になれないかとげんこつを握りそうになった。重松さん、ほんとに上手いですね。わかってても涙が出ちゃうのがちょっと悔しくもある。世間一般の型通りでない家族の、周囲の人たちや社会の中でのあり方が書かれ、心に残った。また、ある登場人物が、過ぎ行く人生を回想する所がよい。なんともせつない気持ちになったし、人の一生に思いを巡らせられ、読んで良かった。

  • 結婚早々に妻が逝ってしまいシングルファザーとなった父と娘の成長のお話しです。

    面白かったですが、終始切ない気持ちにも。

    保育園入園から小学校卒業まで。父として葛藤しながらも娘も真っすぐな性格で。

    現実そうはいかないと思いつつ?切なさとともに心温まります。

    • yhyby940さん
      こんにちは。フォロー、ありがとうございます。重松清さんの作品は好きで読みますが、この作品は読んでないように思います。読んでみようと思います。
      こんにちは。フォロー、ありがとうございます。重松清さんの作品は好きで読みますが、この作品は読んでないように思います。読んでみようと思います。
      2022/09/24
  • 重松さんの作品はいつも涙がこみあげてくる。今回こそはと意気込んで読み始めたものの、美紀ちゃんの成長を見守る優しい登場人物たちが織り成す物語にそしておじいちゃんとのくだりに涙が。
    取って付けたような人情話じゃなく、男やもめのどちらかというとありふれた題材であるのに
    何気ない日常にこんなに素敵なお話がちりばめられていることに感動。読み手までが優しい気持ちになることも素晴らしい。

  • 重松さんの作品はいつも泣きそうになります!今回も最後泣きそうになりました

  • 病気で妻を亡くした父と幼い娘との生活を綴った物語。

    義父母との関係や再婚、仕事と育児などの場面が優しい人物描写で描かれています。

    ストーリーとしては珍しくもない題材ですが、作者のエピソードにおける一つ一つの登場人物の「言葉」に感動を受けます。

    息子を持つ父親として考えさせられたり、嬉しくなるような言葉がたくさんありました。

    ほっこりと温かくなれる作品だと思います。

    いまのうちに息子達をいっぱい「抱っこ」したくなりました。

  • 重松さんの作品だから絶対泣くだろうな・・とわかっていてもやっぱり泣けました。父子家庭の奮闘、父なり、娘なりの心の葛藤。そして成長。ドラマ化して欲しいなぁと思ってしまいました。心が温まる作品です。

    • shind003さん
      やっと映画化されましたね
      やっと映画化されましたね
      2020/08/18
    • まなさん
      映画化になったんですね♪
      それは絶対号泣しますね(笑)
      映画化になったんですね♪
      それは絶対号泣しますね(笑)
      2020/10/03
    • shind003さん
      私もステップ泣きましたが、キャストの山田孝之をイメージしながら読めました。
      私もステップ泣きましたが、キャストの山田孝之をイメージしながら読めました。
      2020/10/04
  • あらすじを読んだだけで胸が熱くなるような内容だ。切ないけど前向きになれた。
    亡くなった妻、義父母、娘、新しい家族。関わりのある全ての人達が皆んな優しくて思いやりのある人たち。羨ましくなるような人間関係だ。

全187件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年に『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。小説作品に『流星ワゴン』『愛妻日記』『カシオペアの丘で』『赤ヘル1975』など多数。

「2022年 『旧友再会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×