自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7

著者 :
  • 中央公論新社
3.53
  • (1)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040733

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分勝手流のエゴが当たり前のようにまかり通る現代を憂える著者。お互いがお互いを分かり合い支えあう仕合せ社会。そんな社会の到来を痛切に願う思いが心に響く。タイトルが痛い。

  • あいかわらずの町田康節。
    最近の若者事情が分からないので リサーチとてコンビニへ。
    聞き耳をたてていると若者が カワキモノがなんやら と言っている。
    カワキモノ なるほど皮でできた着物か。 たしかに着物じゃ古臭い。 皮でできていることによって今感をアピールなのか。
    というようなことを思ったというのは嘘だと思いますか?
    みたいな小さな嘘と自虐の連続。

    まぁ 自分を憐れむ歌なのでね。
    おもろかった。

全2件中 1 - 2件を表示

自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7のその他の作品

町田康の作品

ツイートする