SOSの猿

著者 :
  • 中央公論新社
2.95
  • (139)
  • (468)
  • (1138)
  • (552)
  • (154)
本棚登録 : 6575
レビュー : 902
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 五十嵐大介さんの漫画『SARU』と対になる物語だそうです。
    『SARU』も引き続き読んでみたい。

  • 孫悟空とSOS。
    誰彼構わず助け出したくなって”しまう”遠藤二郎。彼は変哲もない家電量販店の店員でエアコンを売る。そんな彼はイタリアでエクソシストという「人を救う仕事」を目の当たりにして、その本筋を得ていた。それを頼りにして「辺見のお姉さん」から息子である眞人の悪魔祓いを依頼される。
    一方、システム会社の社員、五十嵐真は取引先の誤発注事件の原因を探るべく調査を始める。聞きとり調査をしていくと同社のシステムエンジニアの女性は妖艶な蠍の妖怪に、誤発注事件のあった相手会社の部長は牛の魔王に。現実に入り込んでくる西遊記の世界。

    西遊記の世界と、誤発注があった現実世界が交差する。ばらばらの世界が一か所に集約するのは伊坂さんの得意技といったところでしょうか。
    誤発注は証券会社のことなので少し難しいところもあるが、その事件が中心でありながらそれぞれの登場人物と孫悟空がこの物語の中心を掻っ攫っていった。

    今までの作品のように円満な終わり方をしていないから余計に不完全燃焼のようかもしれない。最後の決定的な場面で肩透かしをくらったようだが、それでこそこの物語の良い終わり方だと思う。もしその場で孫悟空の言われるがままに行動し、それが成し遂げられていたら、眞人も、その場にした雁子も二郎も五十嵐も、みな延々にその幻覚に縛られたままになっていたことだろう。

    錯綜し、一貫していない状況が、ピースを嵌めていくかのようにまとまっていく。眞人がいったいなんだったのか。本当に孫悟空に憑依されていたのか定かではないが、少なくとも眞人の「助けて」を二郎は聞き入れたのだし、虐待されていた少年の「助けて」を眞人は訴えることができたのだし、ハッピーエンドと言えるのではないだろうか。

    それにしても伊坂さんの作品は久しぶりに読んだのだが、登場人物それぞれの信念というか理念が明白で突飛ながらもすとんと落ちてくる。それが爽快で気持ちが良いのだが、それも引き継がれている。

    西遊記を知らないから話しにもいささかついていけないところもあったけれど、丁寧に説明してくれているから楽しめた。一般的な西遊記の知識さえあれば充分だろう。たしかに魔物や強敵の知識がなければ誰だろう、となってしまうかもしれないが、そのキャラクターさえも巧みに物語の中に滑り込ませてエッセンスを与えているあたり、末尾にあった参考資料を見ても今回は特に熱心に物語を構成したことがうかがえて私は楽しかったところもある。

    エンターテインメントとしては『ゴールデンスランバー』といった怒涛の展開と緊迫感はないものの、それでも私は『アヒルと鴨のコインロッカー』や『オーデュポンの祈り』のように、もう一度読み返したくなるような、伊坂ワールドを作り上げて面白可笑しくしておきながらも、どことなく寂しさとやるせなさを含んだ優しい物語だった。

    こうして小説の感想を書くのは久しぶりなため、いつも以上に支離滅裂になってしまった。だが、この作品を読み終えたとき個人的には久しぶりに触れあえた伊坂ワールドの爽快でありながらどこか哀愁を漂わせる独特の世界観を味わえて本当に楽しかった。どうしてこういった優しくも爽やかなものが書けるのか不思議に思う一方で、伊坂幸太郎という作家の敬愛を再び感じざるを得なかった。

  • いかにもファンタジーな話ではなく、現実感のあるストーリーに少しずつ非現実なエッセンスを盛り込んで行く。そして音楽と言う要素を散りばめる。過去に書いた話の登場人物をさらりと割り込ませる。あるいはこの物語の中の誰かが、またはエピソードが、後に書かれるであろう小説に挟み込まれるんだろうなぁ、と想像させる場面が出てくる。

    ストーリーや文章の面白さ・軽やかさだけでなく、過去の作品や今後のネタ振りにまで思いを巡らせさせてくれる。それがこの作家のワクワクするところであり、読んでいて飽きないところ。さらに、文体はサッパリとしてリズムがあってとても現代的で読みやすいのに、全体的に何だかもやもやとした恐怖を感じさせる内容になってる事が多い気がする。

    今回も、孫悟空(西遊記)の話を下敷きにしてユングやエクソシスト等の要素を絡め、そして時代は当然現代な訳で、訳が分からない。やけに生々しい孫悟空や未来を言い当てるとか虐待とか。本当にこの人の書く話は、雑多な点と点が複雑に組み合わされ繋がれて、最後には形が出来上がっている。何と言うか、面白い。ほんと、それに尽きる。

    競作企画のマンガも読みたくなった。

  • 後半から面白い展開になってきたけど、視点がコロコロ変化するストーリーなので理解するのに時間がかかりました。でも読み応えのある作品だったと思います。

  • 究極の伊坂ワールド 見事に着地する

  • 入り組んだ話だった。
    でも、ちょうどくよくよ悩んでた私はなんだか救われた気がした。
    本の内容とは関係ないんだけど、読んでたら、いろいろ考えすぎても良くないよって言われてる気がした(笑)。

  • ちょっとわかりにくかったかなあ(^^;;

  • 1回投げ出して、再挑戦で最後まで読了。伊坂幸太郎にしたらわかりにくい作品だった。結局何が伝えたかったのかあんまりわからなかったな。2011/066

  • 孫悟空。
    こんなに読み進まない伊坂幸太郎は初めてだった。
    物語終盤、答え合わせのあたりからようやく面白いと思ったけど、それでも少し飛ばし読み。

  • 西遊記がベースになったお話。
    西遊記はあまり知らないので(子供の頃にドラマ観たくらい)、西遊記について知ってたら、もうちょっと楽しめたのかな。

    伊坂作品ならではの展開で、別々の出来事がどんどん繋がっていくのはさすがだなぁ。と思いつつ、今回は自分の中ではスッキリと繋がらなかったコトが多く、ちょっと消化不良。

    後半、現実と妄想(?)部分が区別つかなくなってきて軽く混乱。

    何回か読めばスッキリ理解できるかなぁ。

全902件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

SOSの猿のその他の作品

SOSの猿 (中公文庫) Kindle版 SOSの猿 (中公文庫) 伊坂幸太郎
SOSの猿 (中公文庫) 文庫 SOSの猿 (中公文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

ツイートする