早雲の軍配者

著者 :
  • 中央公論新社
4.05
  • (140)
  • (224)
  • (87)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 995
レビュー : 170
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040993

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軍配者シリーズの第一段。全部で三部作。

  • 韮山のお寺で下働きをしながら勉強する小太郎は、伊勢早瑞(北条早雲)の目に留まり、孫の千代丸(北条氏康)軍配者として期待され、足利学校で軍配者を学ぶ機会を得る。北条家の軍配者となった風魔小太郎の少年期の物語。 山本勘助や曾我冬ノ助と机を並べ共に学んでいく。軍配者という言葉は、初めて聞いた。 有意注意、大局を見つつ、ちょっとした変化も見逃さず、自国軍を守るために立場を超えて進言する小太郎は、かっこよかった。 これから残りの軍配者シリーズを読んでみたい。 

  • 2章まで

  • 伊豆・相模の地を平定した北条早雲の次なる策は、周辺諸国から領地を守る次世代の指導者たちを育てること。風間一族の少年・小太郎は学問の才を見出され、早雲の直弟子として日本最古の大学「足利学校」へ送り込まれた。若き日の山本勘助らと机を並べながら兵法・占術・陰陽道・医術・観天望気・軍陣の作法など、戦国大名のブレーン「軍配者」に必須の学問を修めた小太郎は、やがて戦場で友たちと再会する…(「BOOK」データベースより)

    完璧なジャケ借り。森美夏さんのイラストが格好良いです。
    でも中身もよかった!!
    小太郎の嫌みのない真っ直ぐさ、韮山さまの深い優しさ、十兵衛の豪快さ、曾我冬之介のひょうひょうとしたところや四朗左の歪なほどの向上心。
    どの人物も印象的でした。
    山本勘助の謎な半生の理由もうまく使ってましたし、足利学校の中での青渓・鷗宿・養玉のスクールライフ(?)も波乱万丈で楽しめます。
    今後の三人が戦で対峙し、その軍配ぶりを発揮するストーリーにも期待しています。
    あー、早く図書館の、『信玄の軍配者』の順番が回ってこないかなー。

  • 作者は「戦国時代」を描きたいのでも「軍配者」を描きたいのでもなく、「友情」を描きたいらしい。
    史実という点と点を繋げるための人物造形ではなく単なるキャラ先行小説というか。
    それを悪いとは思わないけど、至るところに散らばった女性受けを狙ったような記述が気になる。
    歴史小説として読むには物足りないしキャラ萌え狙いがあざといし、と気になる点は多々あれど、青春小説としてはさくっと読めて面白かった。

  • 北条早雲から子(氏網)、孫の時代へ軍配者を残そうとし小太郎(14歳)に目をかけて足利学校へ入学させる、そこでは青溪に名乗り、学友の山本勘助(四郎左)こと鴎宿、冬之助こと養玉と出会う。後に北条、武田、上杉の夫々の軍配者となり戦う事になるが緒戦の冬之助率いる扇上杉との戦いで戦略的に数の優勢にも関わらず負け、その後北上は調略等により江戸城を奪い関東の雄となる迄を描く。

  • 軍配者シリーズ1作目。
    小太郎の少年期から足利学校での生活を中心に描かれている。
    小太郎が善人すぎる嫌いはあるが、周りを癖のある人物にしたためているので、その意味ではこれでいいのかも!?

    読みやすいが青春小説っぽく、全体が軽く感じるのはなぜだろう?

    が、しかし、次回作も楽しく読んでみたい。

  • 表紙に惹かれて読みました。
    伊勢の国を統治した北条早雲の愛弟子?となった風魔小太郎の話。

    当時の最高学府であった、「足利学校」で軍配者となるべく学びます。数年前の大河ドラマ風林火山に登場した山本勘助が登場します。

    一人前になった所でお終い。活躍する所をもっと読みたかった。
    しかし、戦国時代とは数百年前の同じ国とは思えません。

    織田信長の登場以前の日本史について、まだまだ勉強不足です。

    面白かったですが、表紙で期待し過ぎました。
    でも、この軍配車シリーズ。次のも読むつもりです。

  • 北条早雲が育てた軍配者。もともとあんまり史実として残ってない人だからホントにこんな人いたの?って感じ。足利学校のくだりは青春小説みたい。さぁこれから3人はどうなっていくのでしょうか!?というところで終わり。何だかずるい。

  • 初の歴史小説。
    ジャケ買いでした。

    歴史物は慣れてないせいか、年号、名前など、頭に入りにくいところもありましたが、ストーリーはさくさく読めました。

    足利学校時代をもっと読みたかったですが、ページを考えるとしかたないのかな?といったところ。

全170件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

富樫倫太郎 1961年、北海道生まれ。98年第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。「陰陽寮」「妖説 源氏物語」シリー
ズなどの伝奇小説、「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、「生活安全課0係」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズなど幅広いジャンルで活躍している。


「2019年 『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富樫倫太郎の作品

ツイートする