戦時下の経済学者 (中公叢書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120041341

作品紹介・あらすじ

総力戦で重要なのは、軍備や戦術以上に経済だった。戦後日本へとつながる経済思想を準備したエコノミストたちの軌跡。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 332.106||Ma

  • 総力戦思想の元で、軍事謀略機関と同様に、経済謀略戦の研究(実施?)を行う秋丸機関という組織があり、その研究内容の一部が陸軍中野学校、登戸研究所に引き継がれた(たぶん偽造貨幣の流通作戦)というのは初聞。意外な所から意外な話が出てくる。

全2件中 1 - 2件を表示

牧野邦昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンネッテ・ヴァ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする