常用漢字コアイメージ辞典

著者 :
  • 中央公論新社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (1283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042492

作品紹介・あらすじ

漢字の意味の深層構造=コアイメージをとらえ、すべての常用漢字の成り立ちを体系的に解き明かす画期的辞典。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • pedia

  • 資料ID:21105403
    請求記号:R811.27||J
    配置場所:参考図書コーナー

  • 毎日新聞「今週の本棚」の山崎正和氏書評に惹かれて図書館から借本した。
    曰く「記号論的な言語学は、言語を指し示すもの(シニフィアン)と示されるもの(シニフィエ)、音とイメージとの対応関係によって成立するものと考えてきた。だが両者がなぜ必然的に関係づけられるか、その結合の十分な根拠は、これまで看過されてきた問題だった。
    ここでもし加納が言うように、ある特定の音がイメージと本来的な親縁性を持っているとすれば、この難問は一気に解決される。その意味で彼の「音・イメージ」説は、漢字の説明を超えて言語論一般にとっても、大きな貢献となる可能性を秘めている。」

    <参照>
    http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2012/02/20120212ddm015070207000c.html

  • 読み物としていけるかと期待していたが、素っ気ないレイアウトや体裁にがっかり。

全4件中 1 - 4件を表示

加納喜光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

常用漢字コアイメージ辞典はこんな本です

ツイートする